上達講座 定石ファイル 流行形研究

【スピード加速】手抜きが有力?星の1間バサミ対策

白1の一間トビに、黒2と手抜きで大場に走るのがオススメです。
相手の意図を崩すと同時に、足早に地を稼げる長所があります。
簡明に使える戦法なので、1度は試して欲しいです!

 

この記事を読むメリット

・地を稼ぐスピードが上がる

・相手の意図を崩す戦法がわかる

 

手抜きを活用するコツは「連打された姿を想定する」こと。
この点は事前に準備できるので、研究するほど差を広げられます。
「手抜きができそう?」と少しでも感じたら、研究してみてください。

 

 

パターン1 「稼げる実利と厚みへの追求」

白1には、黒2以下と地を稼げるのが大きい。
白の厚みは、断点が残る不完全な姿な状態であることも、黒良しの理由です。

例えば、白13と広く構えるなら、黒14以下が厳しいです。
左辺の白陣を割りながら、白の厚みを攻める構想を描けます。

 

参考図1 「シチョウの確認」

白1、3と受けた場合、黒4でシチョウになります。
ただし、シチョウが黒悪い場合は成立しないので、注意が必要です。

 

参考図2 「簡明に受けるコツ」

白1、3と下辺を固める変化も考えられます。
この場合、黒4と白5を交換した後、黒6のハネが簡明です。

白7と抵抗された時、黒8が知っておきたい手筋。
白は黒Aを防ぐ必要がありますがーー、

白9に黒10以下と先手で整形しながら、大場に走れます。
Aの利きやBの狙いもあり、黒十分なワカレです。

 

参考図3 「簡明な収束」

白2、4と受けるなら、黒5が冷静です。
白は黒Aを防ぐ必要がありますがーー、

白6には、黒7と外回りを厚くします。
白8と左辺へ進出されても、黒9以下で止められるので黒十分です。

 

参考図4 「シチョウが悪い場合の対応」

シチョウが黒悪い場合、白1に黒2と大場に走るのが有力。
白3と連打を許しますがーー、

黒4以下と左辺を割れるので、黒十分なワカレ。
左辺の黒は黒Aに回れれば立派な構えになるので、強く追求されない布陣です。

 

パターン2 「地を稼ぐ、軽快な石運び」

白1には、黒2以下と二段バネで根拠を求めます。
ポイントは「シノギ優先で打つこと」です。

白5、7に黒8と隅で治るのが好判断。
白9以下と厚くされても、下辺の幅が狭く固めても黒不満なしです。

 

参考図5 「実利に軍配」

黒1に白2以下と厚くするのが、現代手法の1つ。
白Aが利くため、非常に厚い形であると言われています。
ただ、黒7など大場に走れば、白を厚くした短所は十分取り戻せます。

 

パターン3 「現代的な攻防、黒の積極策」

白1が現代の受け方になります。
黒Aなど手抜きするのは、白Bと取られるのが大きいです。

そこで、黒2と動き出すのが1案です。
黒4まで、▲の配石を活用して、黒有利な戦いへ導けます。

白5から9と受けた時、黒10と薄みを守るのが肝心。
白11には、黒12と自身を補強しつつ、AやBと迫る狙いをみて黒十分。

 

参考図6 「厳しい追求手段」

白2と受けるのは、黒3以下で根拠を奪いながら追求します。
この狙いが厳しいため、前図の進行が無難です。

 

参考図7 「候補手に入れたい別案」

黒1、3と左辺を占めるのも有力。
左辺側に模様を築かれたくない時に使える打ち方です。

 

まとめ 「相手の出方を見て動く、手抜き手法」

黒2は「相手の動きを見て、後の打ち方を決める意図」です。
白A〜Cの後続手段は、いずれも黒悪くない変化に収束できるのがポイント。
難しい変化が少ないので、使ってみて欲しいオススメの打ち方です。

-上達講座, 定石ファイル, 流行形研究

© 2021 okaoの囲碁研究所