最新戦術

【星の1間バサミ】簡単に模様は消させない!有力なハサミ返し手法

黒番は柯潔九段、白番は芈昱廷九段。
黒2の一間バサミは、基本定石の1つです。
ただ、上辺に白模様形成できる場合、打ち方や発想が激変します。

 

1間バサミ対策の特徴

  • 模様が消えない打ち方
  • 絶妙なバランスで均衡を保つ

 

星の1間バサミは「模様に有力」と考えられました。
しかし、今では「簡単に模様は防げない」見解になっています。
※模様の問題がなければ、下記事の打ち方がオススメです!

 

【星の一間バサミ攻防】昔の打ち方が大幅に改良!オススメの手抜き手法

  「1間バサミの打ち方が、劇的に変わっているのをご存知ですか」   例えば、この局面で三々に入るのは、珍しい手法になっています。 現代では ...

続きを見る

 

 

実戦図 「互いに手を出しづらい空間」

白1が黒の意図を崩す手法です。
黒は様々な手段があるものの、黒2など大場に走るのが有力になります。
理由は「先に手を出した方が悪くなりやすい」からです。

 

ポイント

互いに手を出しづらい場を作り、白は上辺に模様を築ける

 

参考図1 「足が遅すぎる石運び」

まず、白1と先に手を出すとどうなるか。
黒2以下と大場に走られ、白は足の遅い展開になります。
白は、上辺に手をかけすぎているのが原因です。

 

参考図2 「厚みが活用しづらい」

黒1と先に封鎖するのは、白2以下と稼いで白十分です。
AやBの傷があり、黒13と守る必要があるのが泣き所。

 

参考図3 「守る必要がある理由」

前図で黒1と右下にいくのは、白2以下が厳しいです。
右辺を割りながら、右上の攻めを見られて黒苦しい展開。

 

参考図4 「白の悪い対応①『根拠を奪われる戦い』」

白1、3と戦うのは、得策ではありません。
黒4以下で、黒に地を稼がれながら大きく攻められます。
※下記事で詳しくまとめました。参照ください。

【星の一間バサミ】実戦ですぐに使える!シンプルな模様対策

黒番は宋慧領二段、白番は崔精九段。 黒1に、白2が簡明な模様対策。 模様が苦手な方に、オススメの手法です   ハサミの特徴 わかりやすい模様対策 有利 ...

続きを見る

 

参考図5 「白の悪い対応②『模様が完全に消える』」

白1の三々入りは、黒2以下で上辺の白模様が消えます。
左上を攻められる可能性もあり、避けるべき進行です。

 

まとめ 「模様が消えない対抗策」

白3は「模様を消させない有力な対抗策」です。
相手の意図を崩すことが、優勢を築く第1歩になります。
「模様を消されて困っている」方は、ぜひ使ってみてください。

-最新戦術

Copyright© okaoの囲碁研究所 , 2020 All Rights Reserved.