最新戦術

【星の1間バサミ対策】進化し続ける現代戦術、カカリ1本の威力

黒番は李維清八段、白番は柯潔九段。
黒1に、白2と黒3を交換して大場に走るのが、最新手法。
「模様化を防ぎながら、実利を稼げる」のでオススメです!

 

1間バサミ対策の特徴

  • 簡明に使える有力手法
  • 模様化を防ぎ、実利も稼げる

 

「進化した星の1間バサミ対策」

 

短所がほぼなくなり、多くの局面で活用できます。
複雑な変化がなく、実戦ですぐ使えるのも魅力です。
約数週間で改良されていくので、最新の棋譜チェックは必須です。

 

 

実戦図 「追求手段は怖くない」

黒1には、白2以下と受けるところ。
続いて、黒Aは白Bを治まって白十分です。

黒9と追求されても、白10以下と根拠を確保できます。
白A以下と、上辺の模様を制限する手もあり、白悪くないワカレです。

 

ポイント

模様を防ぎながら、実利を稼げるのが長所です

 

参考図1 「安定できれば成功」

黒1と隅を固めるなら、白2と治まって白十分。
いつでも、白A以下と模様を制限できるのが、黒の自慢です。

 

参考図2 「模様制限を重視した打ち方」

白1、3と決めるのも有力です。
この手法は、上辺の模様を未然に防げる長所があります。

黒4には、白5以下と形を決めます。
模様を制限しながら、右上を補強できるので、白十分です。

 

参考図3 「反撃の対応方法」

黒2と反発するなら、白3以下と根拠を確保します。
後に、白Aと隅を荒らす手があるので、焦る必要はありません。

 

参考図4 「以前の対策の欠点」

右上を決めないと、黒1以下と△を大きく飲まれます。
新手法は、本図を未然に防ぐ効果があります。

 

まとめ 「カカリ1本で変わる、簡明なハサミ対策」

白1は「黒の動きを縛り、模様化を防ぐ手法」です。
黒に変化されても、白A以下の手段を使い分ければ、軽くかわせます。
以前のように、大きな模様を張られる心配がなく、安定感が増しています。

-最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所