最新戦術

【星のツケノビ定石】荒らしの常套手段に隠れた大きなリスク

黒番は辜梓豪九段、白番は楊鼎新九段。
白1、3に、黒4と侵出するのが、荒らしの常套手段です。
ただし、この手法には、大きなリスクがあります。

 

荒らしの特徴

  • 隅を荒らせる
  • 厚い形を許す短所
  • 薄さを追求される短所

 

地を稼ぐ場合、それなりの対価が必要です。
実利派は、リスクとスピードを天秤にかける判断力が求められます。

 

 

実戦図 「狙いの一撃で焦土と化す」

白1以下と下辺を厚くした後、白7が狙いの一撃です。
外周が厚い場合、右下の隅が焦土と化します。

 

ポイント

右下の形を打つ場合、強撃の想定が必要です。

 

参考図1 「崩せない強撃の意図」

黒1と遮るのは、白2以下で黒3子を取れます。
黒Aなどの利きがあっても、周囲が白一色で助け出すのは困難です。

 

参考図2 「模様を深くする強気な反発」

黒2のツギは、白3以下と分断されます。
隅に生きは残りますが、右辺の白模様が厚くなるので黒不満です。

 

参考図3 「効率的な白陣の構築」

黒1以下と素直に受けるのは、右下の白が固まるので満足です。
この図を避けるため、実戦は隅を荒らす選択をしました。

 

まとめ 「知っておきたい追求の手法」

白1が隅の進出を止める強撃です。
荒らしのデメリットは大きく、場合の手と見るのが妥当になります。

-最新戦術

Copyright© okaoの囲碁研究所 , 2020 All Rights Reserved.