星の両ガカリ 最新戦術

【星の両ガカリ攻防】大ゲイマガケの大技!縦横無尽の対応力

黒番は黄雲嵩七段、白番は芈昱廷九段。
黒1から9は代表的な両ガカリの戦型。
ただ、白10で互角以上になるとわかってきました。

 

カケの特徴

  • 出方を見て、整形できる
  • 戦いの主導権を握れる

 

1手少ない場で有利に戦えます。
最新型で、碁敵に差をつけてください!

 

 

実戦図 「突破されても構わない!実戦的な立ち回り」

黒1、3に、白4が機敏な受け。
左辺の侵出を止め、黒の眼を奪います。

黒5と脱出されても、白6以下で攻めがつながります。
左辺の白陣も固まり、白十分です。

ポイント

一手少ない場で、互角以上に戦えるのが魅力です

 

参考図1 「切断は心配いらない!安全重視でかわせる」

黒1、3に、白4と根拠を確かめます。
眼を奪う働きもあり、白は戦えます。

 

参考図2 「攻めは最大の防御!石の調子で整形する」

黒2以下と、安全を確かめるのも一策。
ただ、白9と攻めに転じ、白十分です。

黒10には、白11以下で整形します。
黒Aは白B以下でかわせるので、立派な形になっています。

 

想定図 「従来の出切り対応!外周を厚くしてかわす」

黒1、3の切りに、白4が狙いの筋。
利きを作り、左上を整形します。

黒5に、白6以下が捨て石の手筋。
白は外周を厚くし、左辺の反撃をにらみます。

黒11と白2子を取る相場。
白12以下と整形して、大場に走ります。
白Aの狙いもあり、白悪くない進行。

 

参考図3 「オススメの出切り対策!地の損が少ない手法」

白4と上辺に迫るのがオススメ。
上辺の黒は、脱出しづらい形です。

黒5に、白6以下で追求します。
AとBを見て、白有利な戦いです。

 

参考図4 「先手で補強し有利な戦場を築く」

黒2、4の抵抗には、白5と迫ります。
黒A以下の手を緩和し、白が戦えます。

 

まとめ 「出方を引き出すカケ!縦横無尽の柔軟さ」

白2は、出方を見て動く対抗策です。
この手段が見つかり、黒1では別の手段が検討されています。
※次回以降に紹介する予定です。

-星の両ガカリ, 最新戦術

Copyright© okaoの囲碁研究所 , 2020 All Rights Reserved.