流行形研究

【小目の大ゲイマジマリ周辺】3パターンでわかる、ツケの運用方法

 

「白1のツケの打ち方を教えてください!」

 

この手法の長所は「自在に打ち変えられる」ことです。
黒A~Cの受けに、捨て石やサバキなど使い分けてかわせます。
簡明なものに絞って紹介するので、すぐ実戦で活用できるはずです!

 

この記事を読むメリット

・3パターンの対応方法がわかる

・ほぼ一本道の変化で収束できる

・すぐ実戦で活用できる

 

実戦例が多いものの「結局、どう打てばよいの?」と悩む方は少なくないはず。
そこで、様々な局面で使える簡明な打ち方を軸として、具体的な作戦を紹介します。
流行手法の1つなので、どんな意図なのか、知って損はありません。

 

 

パターン1 「巧みな捨て石作戦」

黒1のノビには、白2と隅に食い込みます。
当然、黒3と切られますが、ここで面白い手筋があります。

白4、6と強引に入るのが好手です。
黒7以下で、白2子を取られますが――、

白10以下と右辺の進出を止められるので、白十分なワカレ。
上辺を捨て石にして整形する、覚えておきたい手筋です。

 

参考図1 「右辺の進出は止められる」

黒2と抵抗されても、白3以下で押さえ込めます。
右辺を止めながら、立派な形を築いて、白成功です。

 

パターン2 「形を崩すのが大きい」

黒1の上ハネにも、白2と隅へ入ります。
黒3以下と封鎖された時、すぐに隅を生きずに、白6と追求するのが面白い。
黒Aは、白B以下で黒の厚みが崩れるので――、

黒7と右上の白を取りにいくところ。
白8で形を崩しながら、中央の主導権を得て、白悪くないワカレ。
何より、右上隅はまだ味が残っているのが、黒の泣き所です。

 

参考図2 「石の調子で外周整備」

黒1など手抜きするなら、タイミングを見て白2以下の抵抗があります。
黒Aには、白Bで生きることが可能です。

黒5と取りに行かざるを得ません。
白6以下と、右辺の進出を先手で止められたので、白悪くないワカレ。

 

参考図3 「使い分けたい止め方」

白2以下と進出を止めるのも有力。
黒は右上の復活を阻止する必要があり、強く反発できません。
戦況に合わせて、白は前図と使い分けたいところです。

 

パターン3 「自然に形が整う、シンプルな手法」

黒1から5と受けるのが、実戦例の多い打ち方。
白6以下と右辺を整備できるので、互角に近いワカレです。

 

参考図4 「厳しい切りの追求」

黒1には、白2以下が厳しい手段です。
白A以下で飲み込めそうですが――、

黒7、9には、白10以下でAやBを見て生きられます。
ダメヅマリのため、黒は反撃できないのが泣き所です。

 

参考図5 「厳しい切りの追求」

黒1、3は、準備しておきたい反発です。
白4以下と調子守る手筋があり、ツブレない形になります。

黒9と守るのが相場です。
白10以下と上辺への進出を止めて、白悪くないワカレになります。

黒7以下と転身せざるを得ず、白12まで大きな地を得て白満足です。
黒は石を抜いても、左辺の白陣に厳しい狙いがなく、働き乏しいのが泣き所。

 

まとめ 「流行形のツケは、簡明な手法で運用可能」

白1は「相手の出方を見て自在に打ち回す意図」です。
黒A~Cの主な応手に、白は簡明な打ち方で互角以上のワカレにできます。
複雑な変化を使わず、運用できるので使ってみてください!

-流行形研究

© 2020 okaoの囲碁研究所