最新戦術

【星のスソガカリ対策】3手で使える、戦いの主導権握る手法

黒番は卞相壹九段、白番は芈昱廷九段。
黒1と白2を交換し、黒3と隅を守るのが主流です。
「石を重くすること」これが基本的な発想になります。

 

石を重くするの特徴

  • 相手の動きを制限できる
  • 欲張りな主張を通せる

 

「石が重い=石を捨てづらい」

かなりの縛りプレーです。
上達するほど、捨て石を活用して効率を上げていくからです。
この発想を序盤で使えれば、有利に局面を進めやすくなります。

 

 

実戦図 「戦いの主導権を握る」

白1に、黒2から4と石の調子で補強します。
続いて、白Aは、黒B以下を先手で決められるので――、

実戦は、白7と反発します。
ただ、黒8以下と下辺の攻めに転じたので、黒有利な展開です。

 

ポイント

相手の石を重くし、攻めの威力を上げる

 

参考図1 「足早に展開できる」

白1は安全重視の受け方です。
ただ、黒2から4で下辺も強くなるので、黒6など大場に走られます。

 

参考図2 「厳しく迫り続ける」

単に、白1とハネるなら、黒2以下と厳しく迫ります。
攻めの調子で、下辺が固まるので黒十分です。

 

参考図3 「根拠を奪うのがポイント」

白1に受けず、黒2と攻めるのが好手です。
右下の根拠を奪うことで、右辺や下辺を固められます。

 

参考図4 「考え方は変わらない」

白1、3と手順を変えても、黒4と隅を守ります。
黒10まで、下辺と右下が固くなり、黒不満ない進行です。

 

参考図5 「手順が肝心」

黒1、3は手順前後です。
白4以下と要所を占められて、白有利な戦いになります。
△は捨てやすい石になっているのが、大きな違いです。

 

まとめ 「3手で使える、石を重くする手法」

黒1、3は「石を重くし、主導権を握る手法」です。
3手の工夫で、白にA~Cと受けられても、黒悪くない結果となります。
複雑な変化もないので、すぐに実戦で使えます!

-最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所