星のツケ二段 最新戦術

【星のツケ二段攻防】攻めと守りを両立!安定重視の打ち回し

黒番は陳梓健七段、白番は李維清八段。黒2、4と補強しにきた時、白5が有力です。
この手法を、攻める立場で使うと「周囲の白を厚くする」効果があります。

 

二段バネの特徴

  • 先手を取りやすい
  • 複雑な変化なく使える
  • 周りの白が自然に固まる

 

「相手の反撃を封じ込めたい!」
そんな時に使える有力な手段です。

 

 

実戦図 「自然に固まる!安全重視の石運び」

黒1、3には、白4のツギが冷静です。
左右の白を固めて、下辺の模様を消せます。

 

ポイント

周囲の白を固めて、模様を消すのが本命の狙い

 

参考図1 「切り違い対策①『反発しない』こと」

黒1の切り違いが、気になる抵抗です。
ただ、白2以下と治まれば、わかりやすく収束できます。

黒7、9には、白10以下と隅を固めます。
左右の白を補強できたので、白十分なワカレです。

 

参考図2 「切り違い対策②-模様より実利が優る」

黒2には、白3と左下の連絡を断ちます。
黒4以下と広げられても、白の実利が大きく、白満足です。

 

参考図3 「切り違い対策③-手厚さ重視で有利な戦場築く」

前図の途中で、黒2と抵抗するなら、白3以下と外を厚くします。
黒8と生きられる代償に、白9から11と有利な戦いに持ち込めます。

 

参考図4 「白の意図する進行-反撃の隙を与えない」

黒2のツギは、白3で成功です。
黒Aは白Bと封鎖できるので、反撃は怖くないです。

 

参考図5 「サガリの使い方に注意!コウ材の確認が肝」

白1を使う場合、気をつけたい抵抗があります。
それは「黒2以下のコウを戦えるかどうか」です。
現局面は、A周辺に黒のコウ材が豊富で、難しい戦いになります。

 

まとめ 「安定的な石運び実現!リスク回避の有力手法」

白2、4は「相手の反発を防いで、周囲を固める意図」です。
安全重視の手法で、不利な戦いを防ぐことができます。
実戦でよく表れる戦型なので、試してみてください!

-星のツケ二段, 最新戦術
-

© 2020 okaoの囲碁研究所