星のツケ二段 最新戦術

【星のツケ二段攻防】1手の工夫で耐久力向上!知っておきたい補強術

黒番は陳梓健七段、白番は芈昱廷九段。白1、3と左辺を割った時、黒4が用意された手段でした。「後の戦いが楽になる」オススメの形です。

 

二間トビの特徴

  • 効率的な石の補強
  • 欲張りな構想を描ける
  • 高いシノギの力は不要

 

相手の攻めを無力化できるシンプルな手法です
枝葉の変化も、数手で終わるので、運用方法もわかりやすいです。

 

 

実戦図 「戦いの主導権を握れる!機敏な石運び」

白1から5に受けず、黒6と迫るのが機敏です。
白Aは黒Bが厳しく、守る必要があります。
黒は下辺を占めながら、左辺を補強できる構想を描けます。

 

ポイント

左辺の黒を補強し、左下の白に迫るのが本命の狙い

 

参考図1 「先手の補強が肝心-スピード重視の打ち回し」

白2にも、黒3と先手で補強した後、黒5に先着して十分なワカレです。
左上の黒は動き出す余地が残っています。

 

参考図2 「黒の眼形は厚い!白の狙いを封じる手筋」

白2と黒3を交換されると、眼が薄くなったように見えるかもしれません。
ただ、白は重大な欠点があり、悪手と化します。

黒5以下で、AとBを見合いにして黒有利なワカレです。
この狙いがあり、先手で左辺の眼は奪われません。

 

参考図3 「耐久力を活かす石運び-厳しい攻めが利かない」

白2には、黒3以下と左上の補強を優先します。
白Aと攻められても、黒B以下で軽くかわせます。
左辺の眼を奪われても、黒は厳しく攻められないのが自慢です。

 

参考図4 「大同小異-効率的に石を補強できる」

白1の実戦例もありますが、黒2が攻防に働く好点になるので、黒十分です。
左下の黒は捕まらず、白の攻めが空振りしています。

 

まとめ 「1手だけ覚えて耐久力アップ!楽に戦える手法」

黒1の一手だけ覚えるだけでも、耐久力が格段に上がります。
複雑な変化も、高い技術も必要なく使えて良いこと尽くしです。
「戦いが苦手な人」にオススメしたい手法です。

-星のツケ二段, 最新戦術
-

© 2020 okaoの囲碁研究所