星のツケ二段 流行形研究

【星のツケ二段周辺】簡明に打ちこなせる、3パターンの受け方

 

「星のツケ二段の受け方を教えてください!」

 

3つの簡明な打ち方を使えば、打ちこなせます。
流行手法の1つなので、事前に準備しておきたいです。

 

この記事を読むメリット

・星のツケ二段の受け方がわかる

・3パターンで簡明に収束できる

・複雑な戦い避ける有力手段が身につく

 

星のツケ二段は、出現頻度がかなり高い手法です。
今なら、あえて誘導して勉強した局面へ導くことも可能です。
知っておきたい変化と、長所短所をまとめたので、最後までご覧ください!

 

 

パターン1「簡明な押し切り手法」

白1以下と押し切るのが、簡明な打ち方。
黒8と受けるなら、白9と大場に走れるので、白十分です。

 

ポイント

手厚い形を築き、スピードを加速できる

 

参考図1 「手厚い収束」

黒1には、白2と切断します。
黒3と抵抗されても、白4以下で取られない格好です。

黒7と下辺を補強するのが無難です。
ただ、白12以下で外周を厚くできるので、白十分なワカレになります。

 

参考図2 「中央突破は怖くない」

前図に続き、黒1には、白2以下とかわせます。
外側がさらに厚くなるので、白成功です。

 

参考図3 「白有利な戦い」

黒2とツグのは、白3以下で治まれます。
Aの傷があるので、黒に反撃される心配はありません。

 

参考図4 「反発の対応方法」

黒1、3の反発は、白4以下でAとBを見合いにできます。
以上の変化なら、白有利なワカレに収束します。

 

参考図5 「黒の対抗策―互角に近いワカレ」

以上より、黒2と手抜きするのが、有力です。
白11まで、厚みを築きながら、Aの好点を残せるので白悪くないワカレです。

 

パターン2「複雑な変化がない、二段バネ手法」

白1の二段バネが、一番わかりやすい手法。
黒2、4と守るなら、白5と大場に走れるので白十分です。

 

ポイント

複雑な変化を消し、自陣を安定できる簡明策

 

参考図6 「短所の把握は大切」

二段バネの手法は、黒2と手抜きされる短所があります。
ただ、白3以下と地を稼ぎながら、好形を築けるので白悪くないです。

 

参考図7 「反発できない理由」

白2と追求しても、手を戻す必要があり、攻めが繋がりません。
前図のように、堅実に収束するか、手抜きで大場に走るのが無難です。

 

パターン3「石を重くする手法」

白Aで左右の黒を狙える場合、白2から4が有力。
戦いの主導権を握れるので、オススメです。

黒5から9と構えて、立派な布陣に見えます。
ただ、白Aの打ち込みが強烈な狙いになるので、白悪くないワカレです。

 

ポイント

黒石を重くして、打ち込みの威力を高める

 

参考図8 「打ち込みの効果①―有利な戦い」

白1の打ち込みが強烈です。
黒2、4と反撃されても、白5で左下を包囲して、白有利な戦いです。

 

参考図9 「打ち込みの効果②ーフリカワリは歓迎」

黒2と左下を助けるところ。
それには、白3以下と右下に転身して、白満足なワカレです。

 

参考図10 「耐久力が大幅アップ」

黒2、4と受けるなら、白5と大場に走れます。
AとBの交換がないと、左下の耐久力が大幅にアップします。

 

参考図11 「ダメヅマリの短所」

△と▲を交換している場合、黒2が急所です。
白は中央へ進出しづらいのが、ツライところ。

例えば、白3以下と進出しても、黒8が痛烈。
AとBが見合いで、白が困っています。

 

まとめ 「簡明なツケ二段対策は『3パターンで十分』」

黒1、3のツケ二段は「白A~Cの3パターン」で対策できます。
使い分けることで、多くの局面で簡明に収束できるのが、自慢です。
難しい変化がないので、実戦で試してみてください!

-星のツケ二段, 流行形研究

© 2020 okaoの囲碁研究所