上達講座 実戦手筋

【ワタリの手筋】これで怖くない!連絡のテクニック

白2、4と包囲された時、連絡の手筋があります。
この手筋がわかると「ただ逃げる」から「稼ぎながら逃げる」に進化できます!
実戦でよく表れる形で、知っていると多くの局面で助けになるはずです。

 

 

正解図「すぐに使える!たった3手の手筋」

黒1のツケが出発点。
白2と遮られた時、黒3のワリ込みが知ってほしい手筋です。

白4と受けるなら、黒5以下と連絡して黒成功。
黒1子を捨て石にするのがポイントです。

 

参考図1「最強の抵抗を撃退」

黒1のワリ込みに、白2が最強の抵抗です。
黒はバラバラに見えますが、綺麗にまとめる手筋があります。

黒3と分断するのが好手。
白4には、黒5から7と整形するのがうまい石運びです。
白Aで下方の黒2子が取られそうですが――、

白8には、黒9以下と下辺を補強します。
次に、黒Aで白の眼がなくなるので、白は生きる必要があります。

白14、16と守らざるを得ません。
手番を得た黒は、黒17と下辺の白陣を大きく荒らして黒成功です。
左右の白が攻めの対象で、白苦しい戦いが予想されます。

 

参考図2「逆襲への対策」

白2と遮る方向を変えるなら、黒3以下と包囲します。
Aの断点が気になりますが――、

もし、白8と切るなら、黒9以下で白を取れます。
白からの逆襲は、心配する必要はありません。

 

参考図3「攻め合いは黒勝ち」

前図の途中で、白1から3と抵抗するのはどうか。
黒4と分断する手が成立するので、黒成功です。
白5の切りには――、

黒6以下と手数を縮めて、攻め合いは黒1手勝ち。
白の抵抗に強く戦えるのが、この手法の長所です。

 

番外編「軽くかわすコツ」

黒1、3と受けた後、白4と抵抗した場合も見ていきます。
黒が左下との連絡が取れない場合、どう対処すべきか。
いろいろな局面で応用できる、1例を紹介します。

黒5と白6の交換を決めてから、黒7がオススメです。
当然、白Aと分断されますが――、

白8、10と裂かれても、黒11でAとBを見合いにできます。
ポイントは「黒7のカド」なので、形だけでも覚えてみてください!

 

まとめ「地を稼ぎながら守れる、オススメ手筋」

黒1、3は「地を稼ぎながら自身を守れる手筋」です。
白A~Cの抵抗にも、しっかり受け切れるので安心して使えます。
連絡できる保険がわかるだけで、戦術の幅が大きく広がるはずです!

-上達講座, 実戦手筋

© 2020 okaoの囲碁研究所