棋力向上の詰碁22

【黒先コウ:上級~有段者】実戦でよく現れる形の一つなので、しっかり手にしたいところです。初手の攻め筋を知っているか否かで大きな差が生じます。

棋力向上の詰碁21

【黒先黒生:上級~有段者】絶体絶命に見える格好ですが、隅の死活は中々しぶといものです。白一子の取り方が本題を解くポイントとなります。

囲碁AI・BensonDarrの観戦記(3)

今回紹介する戦術は、棋力が上がれば上がるほど選択肢から除外される手法です。しかし、悪いと言われる手法でも、局面次第ではいくらでも好手になり得る可能性を秘めています。囲碁AI・BensonDarrはその一端を示してくれたように感じます。

囲碁AI・BensonDarrの観戦記(2)

今回は両カカリに受けず、三々入りを優先する驚愕な石運びをした棋譜を紹介していきます。一見すると奇抜に思える打ち方ですが、先の展開を想定すると十分考えられる戦術でした。これからは両カカリに手抜きされることも考慮する必要がありそうです。

囲碁AI・BensonDarrの観戦記(1)

数か月前に現れた謎の囲碁AI・BensonDarrが野狐囲碁で猛威を奮っています。棋士相手に40連勝、勝率90%以上の記録を打ち出しており、ほぼ毎日対局が行われています。今回から序盤戦を中心に、BensonDarrの強さを数回に分けて紹介していきます。

棋力向上の詰碁20

【黒先黒生:中級~上級者】目先の利益に囚われず、生きを図れるかがポイント。見合いの手筋を活用して、白の追及を振り切るかが焦点です。

NO IMAGE

第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝三番勝負第3局

2月8日に日本棋院で「第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝三番勝負」第3局が行われた。19歳の中国の謝爾豪五段が井山裕太九段の仕掛けをかわし、世界戦初優勝を飾った。後一歩で届かなかった井山九段の心境は想像に難くない。再び大舞台に立つことを切に願っている。

NO IMAGE

第6回CCTV賀歳杯日中韓新春争覇戦ー決勝戦

2月7日に中国・北京で「第6回CCTV賀歳杯日中韓新春争覇戦」の決勝戦が行われた。韓国の朴廷桓九段が冷静に収束し、中国の柯潔九段に付け入る隙を与えず優勝を果たした。本棋戦で中国の棋士以外が優勝するのは初めてで、中国一強時代が崩れつつあるようだ。

NO IMAGE

第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝三番勝負第2局

2月7日に日本棋院で「第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝三番勝負」第2局が行われた。序盤から中国の謝爾豪五段に優勢を奪われ敗色濃厚な戦況に陥る。しかし、井山裕太九段は200手以上を耐え抜き、終盤の僅かな隙をついて大逆転勝ちを収めた。運命の第3局は明日行われる。

NO IMAGE

第6回CCTV賀歳杯日中韓新春争覇戦ー2回戦

2月5日に中国・北京で「第6回CCTV賀歳杯日中韓新春争覇戦」の2回戦が行われた。一力遼八段の技が決まり主導権を奪取する。しかし、終盤で足取りが乱れて柯潔九段に逆転負けを喫した。今回で世界トップと戦える力を示せたので、次回は良い結果を持ち帰ってほしいところだ。

NO IMAGE

第6回CCTV賀歳杯日中韓新春争覇戦ー1回戦

2月5日に中国・北京で「第6回CCTV賀歳杯日中韓新春争覇戦」の1回戦が行われた。一力遼八段は奇抜な戦術を用いるも、朴廷桓九段の冷静かつ正確な収束の前に見せ場を作れずに敗退となった。明日の2回戦は一力八段と柯潔九段が対決する。

NO IMAGE

第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝三番勝負第1局

2月5日に日本棋院で「第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝三番勝負」第1局が行われた。序盤のワカレで劣勢に立たされた井山だったが、中盤以降に大きく盛り上げて優勢を築く。しかし、戦いの最中に生じた隙を中国の謝爾豪五段に突かれ、無念の敗退となった。第2局は2月7日に行われる。

棋力向上の詰碁19

【黒先白死:上級~有段者】初手の候補が絞られているので、先の変化を読み切れるかが焦点です。実戦では安易に攻めて生かしてしまうかもしれません。