両カカリのフリカワリ

今回は世界戦と国内棋戦で打たれた「両カカリのフリカワリ」を紹介します。序盤から味の良い抜き跡ができるもので、昔なら強く怒られるワカレと言えるでしょう。ただ、現在は「ポン抜き30目」という考えは廃れ、現実的な評価を下されています。

旧定石の改良

囲碁AIの研究が進み、多くの定石が大きく見直されています。今回紹介する定石も、従来のものより改良されており今では常識になっています。他の定石も改善されたものが多く存在するので、囲碁AIで研究することをお勧めします。

NO IMAGE

中国甲級リーグ2019―第3戦

4月29日に中国・浙江省で「中国甲級リーグ」の第3戦が行われた。中国の羋昱廷九段が韓国の朴廷桓九段を破り、主将戦で3連勝を記録した。また、中国甲級リーグの第4戦は5月6日に行われる予定だ。

NO IMAGE

第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権ー三日目

4月29日に中国・福州で「第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権」の3回戦が行われた。日本の上野愛咲美二段が出場するも、中国の芮廼偉九段に無念の敗退となった。なお、明日は世界囲碁AI大会で優勝したGolaxyとベスト4の棋士が対決する予定だ。

NO IMAGE

第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権ー二日目

4月28日に中国・福州で「第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権」の2回戦が行われた。日本は藤沢里菜四段と上野愛咲美二段が出場し、上野二段が3回戦進出を果たした。上野二段は前回もベスト8に進出しており、今回はその壁を突破してほしいところ。

NO IMAGE

第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権ー初日

4月27日に中国・福州で「第2回呉清源杯世界女子囲碁選手権」が開幕した。1回戦に日本の謝依旻六段、万波奈穗四段、牛栄子二段が参戦したが、突破できず敗退。明日の2回戦は藤沢里菜四段、上野愛咲美二段がシード枠から出場する予定だ。

三々定石の新型研究

先日の中国倡棋杯で三々定石の新型が現れたので、今回検証していきたいと思います。中国は囲碁AI・絶芸を使っており、独自の研究が進んでいるようで新型が次々に現れます。まだまだ紹介できていない変化が多いですが、今回はその一部を紹介していきます。

NO IMAGE

「GLOBIS-AQZ」プロジェクト始動!

4月18日にグロービス東京校で「GLOBIS-AQZ」プロジェクトが発表された。囲碁AI「AQ」の開発者である山口祐氏、グロービス、トリプルアイズ社が連携し、世界一の囲碁AIを目指すもの。直近の目標は、8月の「世界AI囲碁オープン」優勝だという。

NO IMAGE

中国甲級リーグ2019―第2戦

4月17日に中国・浙江省で「中国甲級リーグ」の第2戦が行われた。韓国は8名の精鋭棋士が参戦しており、2戦目の成績は5勝3敗と好成績を上げている。なお、中国甲級リーグの第3戦は4月29日に行われる予定だ。