最新戦術

【幅の狭さが強みになる】安定感抜群!攻防一体のハサミ手法

黒番は趙晨宇八段、白番は芝野虎丸九段。
白1、3と幅狭く打つのが、現代的な発想です。
「狭いことは、良いことだ」これが従来の常識を破壊します。

 

狭いハサミの特徴

  • 強く戦える長所
  • 厚い形ができる

 

強い石となれば、強引な打ち方も許される場合が多いです。
例えば、深い打ち込みの悪影響を受けづらく、模様は荒らしたい放題。
戦いに強いシンプルな長所もあり、オススメです。

 

 

実戦図 「攻防一体の戦い方」

黒1、3には、白4と急所を突くのが好手です。
黒5以下と抵抗されても、AやBの傷残りで、強く戦えません。

 

ポイント

「攻めながら、下辺の守りにも働く」攻防一体型の石運びです

 

参考図1 「軽くかわすテクニック」

黒1と強襲された時、白2とかわすのがオススメです。
隅を固めながら、下辺の連絡を見れるので、安定感があります。

黒3と切るなら、白4以下と連絡しながら大場に走ります。
捨て石を活用して、要所に先行するのがポイントです。

 

参考図2 「競り合いは歓迎」

黒2と抵抗されても、白3で有利な戦いに導けます。
下辺が固い構えなので、競り合いは歓迎です。

 

参考図3 「模様は大きくまとまらない」

黒1には、白2以下と厚くして、大場に走れます。
右辺の模様が、大きく広がりそうですがーー、

例えば、黒11と広げるなら、白12と右辺を簡明に割れます。
下辺は厚い構えで、悪影響を受けず、白は足早な展開を実現できます。

 

参考図4 「力自慢の進行」

白1から5と戦うのが、従来の打ち方でした。
ただ、下辺の競り合いで右辺が広がる可能性があり、白容易ではありません。

 

まとめ 「安定感抜群のハサミ手法」

白1、3は「安定感を重視した打ち方」です。
対模様戦術では、幅の狭さよりも、強い石にする方が有力に働きます。
複雑な変化も少なく、非常に運用しやすい打ち方です。

-最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所