棋戦情報

【菫のオロチャレンジ・第4弾①】同世代対決、仲邑初段が先勝!

7月31日に韓国のサイバーオロ企画「菫のオロチャレンジ」第1局が行われました。
第4弾は、韓国の韓鐘振道場で共に武者修行した鄭有珍初段(14)。同世代対決の初戦は、仲邑菫初段が堂々の打ち回しで圧倒しました。(参照元はこちら

 

出場棋士 日程 結果
第1弾:金彩瑛六段 第1局:7月10日(金) 金六段、黒中押し勝ち
第2局:7月11日(土) 金六段、白7目半勝ち
第3局:7月11日(土) 金六段、黒中押し勝ち
第2弾:徐能旭九段 第1局:7月17日(金) 徐九段、黒中押し勝ち
第2局:7月18日(土) 仲邑初段、黒3目半勝ち
第3局:7月18日(土) 徐九段、白中押し勝ち
第3弾:徐奉洙九段 第1局:7月24日(金) 徐九段、黒中押し勝ち
第2局:7月25日(土) 徐九段、白中押し勝ち
第3局:7月25日(土) 徐九段、黒中押し勝ち
第4弾:鄭有珍初段 第1局:7月31日(金) 仲邑初段、白中押し勝ち
第2局:8月1日(土)
第3局:8月1日(土)

※第3局は、第2局終了後に休憩を挟み、同日に行われる予定。

 

第1局・Lizzieの解析結果(囲碁AI・minigo)

 

第1局は、仲邑初段が中盤で流れを掴み、一気に押し切る好局でした。
正確な読みで、豪快に大石を仕留めた仲邑初段、次戦でシリーズ初の勝ち越しなるか、注目していきます。

 

それでは、第1局のハイライトを見ていきましょう。

 

 

【ハイライト1:中盤】 シチョウアタリの活用

黒番が鄭有珍初段、白番が仲邑菫初段。
白1以下と下辺を決めた後、白7と逃げ出すのが成立します。
上辺の黒が薄くなり、白が流れを掴みます。

黒8には、白9以下と分断していきます。
白Aの保険もあり、上辺の黒を一方的に追求できる態勢です。

 

参考図1 「封鎖の作戦は受け切れる」

黒2以下と封鎖するのも考えられます。
右辺の白が心もとない形に見えますが――、

白13と右上の黒に働きかけるのが好手です。
黒14から20と手を戻さざるを得ず、白21以下と整形して白十分。
AやBの狙いを残しつつ、右上で稼げたのが大きいです。

 

【ハイライト2:中盤】 正確な読みで圧倒

実戦は、黒1以下と強引に切断します。
ただ、仲邑初段は、右辺を助け出す好手を用意していました。

白8から10が、黒石を仕留める決め手。
黒11と抵抗されても、白12で丸飲みして白勝勢です。

 

参考図2「勝負形に持ち込まれる」

白2と緩めるのは、黒3以下と右下の白を飲まれます。
白6で有利な戦いになるも、一定の戦果が必要で、油断できない形勢です。

-棋戦情報

Copyright© okaoの囲碁研究所 , 2020 All Rights Reserved.