棋戦情報

【菫のオロチャレンジ・第2弾②③】仲邑、待望の1勝目掴む!

7月18日に韓国のサイバーオロ企画「菫のオロチャレンジ」第2、3局が行われました。
第2局は、互いの戦闘力が激突する大激戦を、仲邑菫初段が制し、初勝利を掴みました。第3局は仲邑初段が終盤で失速し、惜敗しました。(参照元はこちら

 

出場棋士 日程 結果
第1弾:金彩瑛六段 第1局:7月10日(金) 金六段、黒中押し勝ち
第2局:7月11日(土) 金六段、白7目半勝ち
第3局:7月11日(土) 金六段、黒中押し勝ち
第2弾:徐能旭九段 第1局:7月17日(金) 徐九段、黒中押し勝ち
第2局:7月18日(土) 仲邑初段、黒3目半勝ち
第3局:7月18日(土) 徐九段、白中押し勝ち
第3弾:徐奉洙九段 第1局:7月24日(金)
第2局:7月25日(土)
第3局:7月25日(土)
第4弾:鄭有珍初段 第1局:7月31日(金)
第2局:8月1日(土)
第3局:8月1日(土)

※第3局は、第2局終了後に休憩を挟み、同日に行われる予定。

 

 

第2局 「真正面の力比べ-仲邑の真価発揮!」

第2局:Lizzieの解析結果(囲碁AI・KataGo20b)

 

第2局は、盤面を2つに分ける大激戦となりました。
仲邑初段は厳しい手を放ち続け、徐九段が次々に後退させて逆転に至る内容です。純粋な力勝負になれば、仲邑初段は「世界に通じるポテンシャル」を発揮するようです。

 

それでは、第2局をハイライトで振り返ります。

 

【ハイライト1:序盤】 サバキのテクニック

黒番が仲邑菫初段、白番が徐能旭九段。
黒1、3が白の傷を突いたサバキの常套手段です。
実戦でよく表れる手筋なので、覚えると役立ちます。

白4、6と受けるなら、黒7以下と整形します。
中央の白を攻める態勢を築き、黒有利な戦いです。

 

参考図1 「形を崩すのが狙い」

白1には、黒2以下と白の形を崩して整形できます。
続いて、白Aは黒B以下でかわして黒十分です。

 

【ハイライト2:中盤】 苦境に陥った原因

黒3の守りは、自然に見えるかもしれません。
ただ、白4で一方的に攻められて、黒苦しい戦いです。
黒3は素直すぎる守りだったのです。

 

参考図2 「先手で守る工夫」

黒1と白2の交換で、黒3子は先手で守れていました。
黒5まで、前図とは雲泥の差と言えます。

 

【ハイライト3:中盤】 徐九段の息切れ-仲邑が引き離す

白1は、黒2で取られているため、白の手が続きません。
黒の懸念材料であった右辺の味が解消され、一気に黒優勢になりました。
どんな手が考えられたか、具体的に見ていきます。

 

参考図3 「先手の大きなヨセ」

白1の動き出しが、ヨセの狙いです。
黒2、4で取られるものの、白7でダメヅマリに導けます。

黒8には、白9以下で黒2子を先手で飲み込めます。
ハイライト図3は、後手で取る手しかなく、かなりの損になっているのです。

 

第3局 「あまりにも惜しい敗戦」

第3局:Lizzieの解析結果(囲碁AI・minigo)

 

第3局は、仲邑初段の完勝に近い内容でした
ただ、珍しく読み違いをしたのか、急転直下の敗勢に陥ります。今までの対局の中で、一番良かっただけに残念な1局になりました。

 

それでは、第3局を見ていきます。

 

【ハイライト1:序盤】 制空権を掌握

黒番が仲邑菫初段、白番が徐能旭九段。
白4以下の強行策に、仲邑は冷静に対応していきます。
上辺の白を攻める態勢を築けば、黒有利な戦いになるからです。

白10以下と助けざるを得ません。
黒19まで、上辺の攻めを見ながら、自身を補強して黒満足な展開です。

 

参考図1 「明るい発想で打ち回す」

白1と守る相場でした。
黒2には、白3以下と上辺の発展性を制限して、白悪くない流れです。

 

【ハイライト2:終盤】 急転直下の読み違い

黒3のツギが敗着になりました。
白8とスペースを広げられ、下辺の黒に生きがありません。
続いて、黒Aは白B以下で受け切られます。

 

参考図2 「単純な突破で勝勢」

白2には、黒3以下と突破して黒勝ちでした。
わずか一手の違いで、勝敗を分けてしまいました。
白Aは黒Bで連絡できています。

-棋戦情報

Copyright© okaoの囲碁研究所 , 2020 All Rights Reserved.