上達講座 実戦手筋

【意外と知らない】本では教えない、実戦的なスベリの止め方

白1のスベリは、有段者でも止めるのに骨が折れる打ち方。
本や人に教わる止め方が、実戦的に危険な場合が多いです。
今回はどんなリスクがあり、どのように止めるべきか紹介します。

 

 

従来図「意外としぶとい、白の抵抗手段」

黒1、3はよく知られる止め方です。
ただ、白4で見た目以上に弾力ある形で、白悪くないワカレになります。

当然、黒5以下と白の根拠を奪っていきます。
白が厳しい戦いに見えますが――、

白10と黒11を交換し、左下隅に手を残すのがポイント。
その後、白12と脱出することで、黒の守り方が悩ましいです。

例えば、黒13と下辺を守るなら、白14以下と隅を荒らします。
黒Aに白Bでコウになるものの、黒がコウに負けると左下全体が危うくなります。
実質、黒から仕掛けづらく、隅の白は生きているに近い形です。

 

参考図1「厳しすぎる追求」

黒1と左下を制すなら、白2が厳しい追求です。
白は下辺を補強しており、力強く戦えるのが自慢。

黒3のツギに、白4以下で黒陣を裂いて白有利な戦いになります。
白は左下と下辺の狙いを見て、安全に追求できるのが強みです。

 

参考図2「力強いサバキ」

黒2と隅を取り切るのはどうか。
これは、白3のツケで下辺を補強する力技があります。

黒4と受けた場合、白5と薄味を突かれるのが厳しい。
左下の黒が薄いため、黒は反発できません。

黒6と受けざるを得ず、白7以下と下辺へ先着されて、黒不利な戦いです。
白Aも利くため、黒は下辺の攻めに転戦できないのがツライところ。

 

参考図3「大同小異」

黒2にも、白3以下の補強が成立します。
黒Aは白Bで強化させてしまうので――、

黒6と受けるのが相場。
ただ、白9で有利な戦いに持ち込めるので、白成功です。

 

参考図4「狙いを残し続ける」

蛇足ですが、黒1から3と迫るのは、白4と冷静に守られて収拾つきません。
白にAやBを見られて、状況は変わっていません。

 

推奨図「周囲が厚くなる、スベリの対抗策」

黒1、3と追求するのがオススメの対抗策。
地を稼ぐよりも「周囲に弱点を残さない」のが肝心です。

白4以下と連絡するなら、黒9と下辺を止めます。
下辺の白に眼を与えない形に導いて、周囲を厚くするのが黒の狙いです。

白10に黒11、13と下辺に傷を残さないのが大事です。
弱い石を残さず、白への攻めをにらみ続けます。

白16以下と守るのは、仕方ないところ。
黒21まで、左下を確定地にしながら、下辺を補強して黒十分なワカレです。

 

参考図5「切りの対策」

白1の切りには、黒2以下と分断します。
周囲は黒一色なので、黒有利な戦いです。

白5、7には、黒8以下と受けます。
白を分断さえすれば、黒有利は揺るがない戦型です。

白11以下は、下辺の補強と右下の攻めを見た意図。
ただ、黒16で右下を助け出せるので、厳しい追求は続きません。
黒は左下の白5子を孤立させて、黒満足な進行です。

 

参考図6「分断して優勢確立」

先に、白2と転戦されても、黒3と分断すれば黒有利な戦い。
白4に黒5で右下は捕まらず、下辺の攻めを見れるのが黒の魅力です。

 

まとめ「大切なポイントは『実利より力関係の重視』」

黒1、3は「白を追求しながら、黒陣を補強する止め方」です。
白AやBの手段は残るものの、黒有利な戦いに持ち込めるので問題ありません。
中盤以降で強く戦うためにも、力関係重視の打ち方をオススメします。

-上達講座, 実戦手筋

© 2021 okaoの囲碁研究所