最新戦術

【打ち込みの攻防】サバキの代表格、序盤で使える実利作戦

黒番は辜梓豪九段、白番は申真谞九段。
白1と黒2を交換した後、白3がオススメのサバキ。
この手法の長所は「簡明に実利を稼げる」ことです。

 

カドの特徴

  • 簡明に実利を稼げる
  • 変化の余地を与えない

 

「良い部分を吸収する」

 

AI研究で、誰でも多くの手を学べます。
ただ、最善を求めすぎると苦しむので、推奨しません。
第2、3候補にも有力な手法があり、自分に合うものを探すのがオススメです。

 

 

実戦図 「隅を固める、スピード打法」

黒1には、白2が軽快なかわし方です。
黒3、5と抵抗されても、白6と隅を固めて白十分。
後に、白Aの逃げ出しが残るのも大きいです。

 

ポイント

隅を大きくまとめるのが本命の狙い。

 

参考図1 「同じ受け方でかわす」

黒1にも、白2と同じ対応でかわせます。
黒Aには、白B以下で黒2子を飲み込んで、白成功です。

 

参考図2 「従来手法の難点」

白1もよく打たれますが、黒2以下が有力な受けと見られてます。
白はAかBと受けますがーー、

白5には、黒6以下と外を厚くします。
左上は黒Aの手残りで確定地でないのが、黒の自慢です。

 

参考図3 「手厚い収束」

白2には、黒3から5と受け方を変えます。
白6以下と上辺を補強されても、黒9と隅を荒せるのが大きいです。

白10、12と守らざるを得ないところ。
黒13以下で上辺の白に追撃すれば、黒悪くない展開です。

 

参考図4 「軽快な石運び」

黒2と大場に走るのも、簡明です。
白3にも受けず、黒4と模様を形成して、黒が打てる形勢です。

 

まとめ 「再現性の高い、有力なサバキ方」

白1から5は「AとBを見合いする簡明なサバキ」です。
実戦ですぐ再現できる打ち方で、オススメの手法の1つ。
相手に変化する余地を与えず、地を稼げるのも魅力です。

-最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所