流行形研究

【知識更新】安定力が上がる、大ゲイマスベリの戦法

白2に、黒3と受けるのが現代の常套手段です。
スカスカに見えて、かなり弾力がある長所を備えています。
安定した石運びを実現できる、オススメの手法です!

 

 

想定図 「平和な進行は歓迎」

白1と守るのが、無難な受け方です。
ただ、黒2以下と封鎖した後、黒は左下の白へ働きかける手段を用意しています。

例えば、白5など大場に走るなら、黒6以下が厳しいです。
白A以下と生きられても、窮屈な形に導けたので、黒悪くないワカレ。

 

参考図1 「石の調子で整形できる」

白1と分断するのはどうか。
黒2以下と下辺を補強するのが、好形になります。

白7には、黒8以下と下方の黒1子を捨て石に整形します。
黒は外回りを厚くできるので、黒満足な展開です。

 

参考図2 「意外に分断されない」

白1と分断を試みても、黒2以下でAとBが見合いで白ツブレです。
本図より、見た目以上に弾力あることがわかります。

 

参考図3 「実利が大きいワカレ」

白1と封鎖するのは、黒2以下と地を稼ぎます。
このワカレは、黒の実利が大きく黒良しです。

 

参考図4 「止まらない理由」

白1、3と止めにきても、黒4が厄介な踏み込み。
白Aなら黒Bでコウとなり、黒望ましい進行です。

当然、白5と連絡を断つところ。
黒6以下と隅を荒らした後、白11の反撃が気になりますが――、

黒12、14がシノギの手順になります。
白15と脱出を試みても、黒16以下と追求し続けて黒有利な戦いです。

白19、21と強引に切るのは、黒22から26が好手順。
黒32まで、攻め合いはセキ以下にならないので、左辺で稼いだ黒に軍配が上がります。

 

参考図5 「反撃できる戦型」

前図の途中で、白2と切られても、黒3以下と反撃できます。
これも、黒有利な攻め合いになります。

 

まとめ 「安定力が増す、大ゲイマスベリの手法」

黒1は「弾力ある形を築く常套手段」です。
白A~Dの代表的な応手に、力強く対応できるのが黒の自慢。
相手の攻めをかわす有力な手法なので、試してみてください!

-流行形研究

© 2020 okaoの囲碁研究所