囲碁AI

【最先端の囲碁学習ツール】誰でも使えて導入簡単!無料のAIツールまとめ

 

こんにちは、okaoです。

今回は手軽に使える囲碁AIツールを紹介します。(最終更新日:2020/10/05)

 

この記事を読むメリット

・簡単な囲碁AIの導入方法がわかる

・自分に合ったツールが見つかる

・検討の時間を短くできる

 

AIを使うメリットは「短時間で改善点」がわかることです。たった数分調べるだけで、何が悪くて何をすべきか、示してくれます。

 

早速、誰でも使えるAIツールを見ていきましょう!

 

たった2ステップで使える!最強クラスの囲碁AI『GOLAXY』

  「信頼度の高い囲碁AI『GOLAXY』」 最新形のほとんどが「GOLAXYの有力候補手」です。たった2ステップで使えるので、GOLAXYでの研究が ...

続きを見る

 

 

BadukMegapack(オススメ度★★★★★)

韓国発の統合AIツール。主要なツールと、多くのAIが一度に手に入ります。ただ、PCの性能に依存するので、GTX1000台以上の性能はほしいところです。

※CPU版もできたので、お試しください!

 

GPUバージョン(GTX1000以上)

※v4.7バージョンになっていますが、導入方法は同じです。

 

step
1
ファイルをダウンロード

 

こちらに入り、上記の場所をクリックしてダウンロード。その後、ダウンロードしたものをクリックし、インストール。

 

step
2
警告文の通過方法

「詳細情報」→「実行する」で通過できます。

 

step
3
スペックの設定

(1)PCの性能に合わせて、「1~4」の何れかを選択。

(2)上記の手順で、設定完了です。
※数字、文字を打った後は「Enter」で次に進めます。
※⑨の後の項目は「Enter」で進んでOKです。

 

step
4
最新データへ更新

上記の場所からダウンロードし、実行するだけで完了!

 

step
5
ツールの選択

デスクトップの「Lizzie」または「sabaki」をクリックして使えます。

 

CPUバージョン

上記の場所より、ダウンロードした後、GPUバーションの手順を参照に、導入します。

 

 

Zbaduk(オススメ度★★★★☆)

「PCの性能が足りない人」にオススメのツール。ブラウザ上で使えるので、性能に依存しないのが魅力です。探索速度はそこそこで、ネット環境さえあれば使えます。

 

step
1
会員登録(無料)

こちらに入り、右上の「Login」→「Register」から必要事項を入力。

 

step
2
検討設定

「Smart Review」をクリックし、上記の手順で設定すれば検討できます。※「Play Bot」で対局可能。

 

 

KaTrain(オススメ度★★★★☆)

手軽にAIと対局したい方にオススメ!動作が軽く、サクサク打てます。置き碁対応の他に、打ち方の特徴を変えられる長所があります。簡単な検討も可能です。

 

step
1
ファイルをダウンロード

こちらに入り「KaTrain.zip」をダウンロード。

 

step
2
対局ツール起動

フォルダの中にある「KaTrain.exe」をクリックして使えます。

 

 

Lizzie(オススメ度★★☆☆☆)

※0.7.4が最新バーションです。導入方法は変わりません。

 

碁界にAI研究を根付かせたツール。導入方法が簡単で、操作方法も感覚的にできます。機能追加など、数ヵ月~1年単位で更新されます。

 

step
1
ファイルをダウンロード

こちらに入り「Lizzie.0.7.3Windows.x64.CPU.zip」または「GPU.zip」をダウンロード。

 

step
2
動作環境の構築

下記のリンク先より、JavaとVisual Studio 2019をインストール。
※Visual Studio 2019は中段の「x64: vc_redist.x64.exe」

Javaをインストール

Visual Studio 2019をインストール

 

step
3
検討ツールを起動

フォルダ内にある「lizzie.exe」をクリックして起動。

-囲碁AI

© 2020 okaoの囲碁研究所