古碁の学ぶ次の一手 本因坊道策

【本因坊道策の次の一手⑧】明るすぎる俗筋の着想

黒番は本因坊道策、白番は道悦。
白2は、モタレ攻めで使われる有名な手筋です。
誰でもが使う有力手段に、道策は気づきづらい俗筋で咎めます。

 

 

正解図 「アッサリ捨てる大局観」

黒1は、白2以下で左辺の黒が弱くなるため、通常は良くない打ち方。
ただ、黒9まで、黒模様を広げられれば、黒十分と見られています。
黒A以下の手段もあり、見た目ほど黒損していないのも自慢です。

 

参考図1 「黒有利な戦い」

前図を避けるため、白2と頑張るのは、黒3以下で有利な戦い。
黒Aと白Bの交換が約束されているので、白2子は動きづらいです。

 

参考図2 「白の意図する進行」

黒2、4は、無難な対応です。
ただし、白5と封鎖されて、黒苦しい戦いは避けられません。

 

参考図3 「打ち込みの威力半減」

黒4と逃げるのは、白5とカミ取られるのが大きい。
白への狙いがないため、打ち込んだ効果が失われてしまいます。

-古碁の学ぶ次の一手, 本因坊道策

© 2020 okaoの囲碁研究所