古碁の学ぶ次の一手 本因坊道策

【本因坊道策の次の一手⑦】気づきづらい3手の手筋

黒番は道悦、白番は本因坊道策。
黒1は大場に走りながら、黒A以下を狙う意図があります。
漠然とした局面で、道策は鋭い手筋で着実に勝利へ歩んでいきます。

 

 

正解図 「たった3手で切り込む、鋭い手筋」

白1、3がうまい石運び。
続いて、黒Aには白B以下で封鎖できます。

黒4と反発するなら、白5と黒2子を飲み込んで白成功です。
黒6には、白7と上辺の黒を大きく攻めていきます。

黒8以下と荒らされても、白17で上辺を攻めながらAを守れます。
上辺を飲み込んだ白の実利が大きく、白好調な展開です。

 

参考図1 「手厚い収束」

黒4と受けるなら、白5以下と先手で封鎖できます。
黒A以下の手段もなくなり、白満足な展開です。

 

参考図2 「無難な進行、一歩遅い構想」

白1は、右上の動き出しを牽制した意図です。
ただ、黒2以下と好点へ走られるので、長期戦に突入します。

-古碁の学ぶ次の一手, 本因坊道策

© 2020 okaoの囲碁研究所