古碁の学ぶ次の一手 本因坊道策

【本因坊道策の次の一手⑱】苦境を覆す、シノギの妙手

黒番は明見院、白番は本因坊道策。
黒1で一方的に白が苦しく見える局面で、道策は戦況を逆転させる一手を放ちます。
白2と黒3を交換した後に用意した、シノギの妙手を考えてみてください。

 

 

正解図 「全ての利きを活用した、ハナヅケの妙手」

白1がシノギの妙手です。
黒2に白3と黒3子に働きかけながら、A周辺の利きを活用して攻めをかわせます。

黒4、6と突破を試みた瞬間、白7が用意された決め手。
黒Aには、白B以下でシチョウになります。

実戦は黒8と右辺の補強を優先します。
ただ、白9で左辺側の黒が全滅するので、白満足なワカレになりました。
苦しい立場に見えた白が、逆に黒を仕留める逆転の一局でした。

 

参考図1 「シチョウの確認」

黒2と抵抗するのは、白3以下で右辺の黒が取られます。
続いて、黒Aは白Bでシチョウに導けます。

 

参考図2 「工夫不足の末路」

単に、白1以下と脱出するのは工夫不足。
黒6と上辺を守られ、AやBを睨まれるのが白ツライところ。
数手の違いで、戦局がガラリと変わるのが中盤戦の恐ろしさです。

-古碁の学ぶ次の一手, 本因坊道策

© 2021 okaoの囲碁研究所