古碁の学ぶ次の一手 本因坊道策

【本因坊道策の次の一手⑰】2連発のツケ、整形の常套手段

黒番は因碩、白番は本因坊道策。
黒2と攻められた時、左下の白をどうシノぐかが焦点。
道策は相手の形を崩しながら、整形する巧みな石運びを見せます。

 

 

正解図 「知っておきたいツケ2発のサバキ」

白1、3が整形の手筋。
黒Aと素直に受けるなら、白Bで楽に脱出できます。

黒4の反発に、白5以下がうまい。
白9まで、脱出すると同時に、左辺に眼の厚い形を築けています。

黒10と左辺を守るなら、白11以下と封鎖して白十分。
白苦しいような戦況から、十二分な厚みを築く素晴らしい石運びです。

 

参考図1 「反発はできない」

前図に続き、黒1から3と反発するのはやり過ぎ。
白4以下で、左下の黒が飲み込まれます。

 

参考図2 「軽快な石運び」

黒1と反撃するのは、白2以下と石の調子で整形を目指します。
白苦しい戦いに映りますが――、

黒5に、白6以下と根拠を求めるのが急所。
黒9と白1子を制されても、白10の好点に先着して白十分です。
左辺の白は、AやBを頼りにシノげるので心配いりません。

 

参考図3 「全局的な薄さが目立つ」

単に、白1と逃げるのは工夫不足。
黒2とじっくり攻めを見られながら、AやBを狙われて白苦しい戦いです。

-古碁の学ぶ次の一手, 本因坊道策

© 2020 okaoの囲碁研究所