古碁の学ぶ次の一手 本因坊道策

【本因坊道策の次の一手⑮】現代でも語り継がれる道策流

黒番は知哲、白番は本因坊道策。
こうした局面で、黒1は良くない打ち方の代表例となっています。
道策の好む手法が有力であり、現代でも評価されているからです。

 

 

正解図 「敵陣の効率を下げる、道策の得意戦法」

白1と黒2を交換した後、白3と左上に働きかけます。
黒Aには、白B以下で白有利な戦いになるので――、

黒4、6と受ける相場。
この時、白7以下と形を決めるのが、道策の好んだ手法です。
黒Aには、白B以下と上辺の黒陣を低位置に制限します。

黒12に、白13から15を決めた後、白17以下と動いていきます。
右上の白はAとBが見合いで、楽にシノげています。

黒20と脱出するなら、白21以下で右上と右辺を占めて白悪くない展開。
右上の白はAとBが見合いで、黒に強く追求されないのが自慢です。
黒は上辺に堅い石が重なっていて、効率の悪い土地になっています。

 

参考図1 「手順が大切な理由」

白は左上を決めた後、白1と動くのは手順前後。
黒2に白3以下と守らなければならず、後手を引くのが大きいです。
後に、黒AやBの追求手段があるのも、白の負担になっています。

 

参考図2 「主導権を失う大局観」

先に、白1以下と右上の黒に働きかけるのはどうか。
構わず、黒6と大場に走られて、黒の勢力圏を広げられてしまいます。
道策の手順は、一手一手に相手の抵抗を封じる意図が隠されていました。

-古碁の学ぶ次の一手, 本因坊道策

© 2020 okaoの囲碁研究所