古碁の学ぶ次の一手 本因坊道策

【本因坊道策の次の一手①】視野の広い思考、シノギのテクニック

黒番は善兵衛、白番は本因坊道策。
黒1と切られた時、右辺の白をどうサバくかが焦点です。
白Aのシチョウが成立しない局面でも、道策は華麗なサバキを見せます。

 

4世本因坊道策(1645~1702年)

当時、圧倒的な成績を残し「前聖」と讃えられた棋士。先番では負けなしで、実力13段と称されています。手割の考え方など、近代囲碁の始祖でありながら、数百年前に打たれた手が、AIに高評価を受け注目されています。

 

 

正解図 「相手の力を利用した連絡術」

白1のハネが鋭い一着でした。
黒2と守らざるを得ず、白3で華麗に連絡して白成功です。
「なぜ、黒が分断できないのか」次図で解説します。

 

参考図1 「分断できない理由」

黒2、4と切断するのは、白5以下で飲み込めます。
この変化があるため、黒は分断できません。

 

参考図2 「苦しい戦いにもつれ込む」

白1と動くのは、黒2で上下の白を狙われます。
真正面から戦うのは、得策ではありません。

-古碁の学ぶ次の一手, 本因坊道策

© 2020 okaoの囲碁研究所