棋戦情報

【中国甲級リーグ第5戦】日本の芝野虎丸九段が参戦!

8月29日にネット対局で「2020年中国甲級リーグ」の第5戦が行われました。
日本の芝野虎丸九段は、中国の陳耀烨九段に破れ、苦いデビュー戦となりました。
過去に、日本から河野臨九段や一力遼八段も参戦しています。
※対局模様は「日本棋院囲碁チャンネル」で中継されました。

 

中国甲級リーグでは、ネット対局が活用されています。
日程が厳しい井山裕太九段など、参戦できる機会が増えるかもしれません。

※中国甲級リーグとは、世界トップ棋士が集う最高峰のリーグ戦。
企業がスポンサーとなり、4人一組の団体戦で争われます。

 

韓国で行われていた中国甲級リーグの様子

韓国から参戦する棋士も、ネット対局で行われました。
公平性を保つため、カメラで対局の模様を記録する態勢になっています。
これから、国別で対局する場合は、この形式が主流になりそうです。

 

「時代に対応する世界戦」

コロナ対策として、世界戦はネットの活用が進んでいます。
運営費の節約や、移動のストレスがなくなるなど、長所が多いです。
AI対策も機能しており、コロナ後も今の体制が続くかもしれません。

 

 

ハイライト1 「現代の簡明定石」

黒番は陳耀烨九段、白番は芝野虎丸九段です。
白1以下と形を決めるのは、現代の簡明定石の1つ。
難しい変化がなく、すぐに実戦活用できます。

黒9に、白10とすぐに働きかけるのが、この定石の特徴。
白14まで、上辺と左辺を固められて、白悪くないワカレです。

 

参考図1 「切らない理由」

白1に、黒2の切りを入れたいところ。
ただ、白3以下で左辺と左上を先手で守られてしまいます。
黒は左辺で稼いだ地より、下辺に展開された損が大きいです。

 

参考図2 「地に辛い打ち方」

白1以下と、実利重視で打つのも有力です。
左辺をしっかり守りたい場合は、こちらを推奨します。

 

ハイライト2 「一瞬で崩壊する戦線」

白1が局面最大の大場です。
黒2以下が機敏で、一方的に攻められてしまいました。
▲と力を溜めた長所は「白1に受ける必要がない」ことです。

白7に、黒8以下と下辺が黒地に変わりました。
白13も受けてもらえず、黒14と確定地にされたのが痛いです。
この攻防を境に、流れが黒優勢へ転じます。

 

参考図3 「かわすのが有力」

結果論ですが、白2から6とかわすのが有力でした。
黒7と取られる代わりに、白8と左上で地を稼ぎます。
これなら、白悪くない進行でした。

 

ハイライト3 「厳しすぎる決定打」

白2は、左辺の黒を重くして攻める意図です。
ただ、黒3が右辺の白の攻めを狙う決め手になります。

白4、6と守らざるを得ず、黒7以下と取られてしまいます。
続いて、白Aと追求されても、黒Bと攻めを継続して黒勝ちです。

-棋戦情報

© 2020 okaoの囲碁研究所