詰碁一覧

棋力向上の詰碁22

【黒先コウ:上級~有段者】実戦でよく現れる形の一つなので、しっかり手にしたいところです。初手の攻め筋を知っているか否かで大きな差が生じます。

棋力向上の詰碁21

【黒先黒生:上級~有段者】絶体絶命に見える格好ですが、隅の死活は中々しぶといものです。白一子の取り方が本題を解くポイントとなります。

棋力向上の詰碁20

【黒先黒生:中級~上級者】目先の利益に囚われず、生きを図れるかがポイント。見合いの手筋を活用して、白の追及を振り切るかが焦点です。

棋力向上の詰碁19

【黒先白死:上級~有段者】初手の候補が絞られているので、先の変化を読み切れるかが焦点です。実戦では安易に攻めて生かしてしまうかもしれません。

棋力向上の詰碁18

【黒先白死:上級~有段者】実戦で現れやすい死活なので、いろいろな手段があることを知っておきたい形です。今回は周囲の配置に注目すれば、何を狙うべきか見えてくるはずです。

棋力向上の詰碁17

【黒先黒生:上級~有段者】黒は心もとない格好ですが、意外とアッサリ生きる形です。難しく考えすぎると中々答えに辿りつけないかもしれません。

棋力向上の詰碁16

【黒先白死:中級~上級者】今回は何をすべきかわかれば、すんなり答えが見えてくるはずです。まずはどう眼形を崩すべきか考えて見てください。

棋力向上の詰碁15

【黒先白死:上級~有段者】本題は白をダメヅマリに導く手順を見つけられるかがポイント。安易に攻めると簡単に生きてしまうので、慎重に攻めてください。

棋力向上の詰碁14

【黒先白死:上級~有段者】上方と下方に眼があるように見えて、実戦では諦めてしまうかもしれません。白の抵抗手段を封じる初手を見つけられるかがポイントです。

棋力向上の詰碁13

【黒先白死:上級~有段者】詰碁を解くコツの一つは、相手に打たれてはならない場所を見つけることです。本題もその点を考慮すれば、初手の候補は絞られてくるはずです。

棋力向上の詰碁12

【黒先白死:中級~上級者】初手の候補はある程度絞られるはずです。本題はその先を読み切り、白の抵抗を許さず仕留められるかが焦点です。

棋力向上の詰碁11

【黒先白死:上級~有段者】懐の広い姿に見えても、攻め筋が案外易しい場合もあります。本題も深く考えず、始めに浮かぶ手から順に考えると答えに辿り着けるかもしれません。

棋力向上の詰碁10

【黒先白死:上級~有段者】白の眼形が厚いように見えて、実戦なら諦めてしまうかもしれません。捨て石を活用して眼形を奪う攻め筋を見つけてください。

棋力向上の詰碁9

【黒先黒生:上級~有段者】白に急所を突かれた格好ですが、隅は見た目以上にしぶといものです。急所を見極めて活路を見出してください。

棋力向上の詰碁8

【黒先黒生:中級~上級者】本題は下方で眼をしっかり作れるかが焦点です。白の僅かな綻びを見つけて活路を見出してください。

棋力向上の詰碁7

【黒先白死:上級~有段者】白は心許ない格好ですが、しっかり仕留められるかは別問題。勝手読みがないよう、慎重に一手一手を選びたいところです。

棋力向上の詰碁6

【黒先黒生:上級~有段者】単純に受けていてはスペース不足となり、黒生きはありません。黒は手を戻す前に一工夫する必要があります。

棋力向上の詰碁5

【黒先白死:上級~有段者】三々の定石で現れやすい基本死活です。変化の枝葉に様々な攻め筋が多いので、この死活を研究するだけで多くの筋を学べます。

棋力向上の詰碁4

【黒先コウ:中級~上級者】基本死活を知らないと、本題は生きていると誤認してしまうかもしれません。詰碁は読みの力を鍛えるだけでなく、手どころの嗅覚を身につける訓練にもなります。

棋力向上の詰碁3

【黒先白死:有段~高段者】考える範囲が狭いように見えますが、正確に取り切るのは大変です。白の抵抗を的確に把握して、手順よく白の牙城を攻略してください。