流行形研究一覧

ツケ二段対策の布陣(2)

今回は白が強く反撃してきた時、黒がどう対応していくかを見ていきます。全局的な打ち回しが要求されるため、事前に準備していないと打ち切るのが難しいかもしれません。今後、実戦に表れる可能性が高いので、予習すべき形と言えるでしょう。

ツケ二段対策の布陣(1)

今回から2回に分けて、ツケ二段対策の攻防を紹介していきます。初回はツケ二段を対策した想定図とそれに対する対策を解説しました。最新形は新しい手法が次々に現れるので、対策案はある程度知っておきたいところです。

一間バサミへの両カカリ

今回は一間バサミへ両カカリした場合の変化を紹介します。簡明な打ちまわしで運用できる有力策と見られています。相手の意図を崩したい場合に使うと局面をうまくコントロールできるかもしれません。

両カカリの進化

両カカリの簡明な対抗策に対して、手抜きの手法が最近よく打たれています。互いに形の決め方が難しく、布石力が試される布石となるようです。ただ、コミの負担が重い黒としては難しい局面に導けるので歓迎すべき展開でしょう。

三々定石の打ち方

今回は三々定石の簡明な運用法を紹介します。白が簡明策を選んだ場合、黒がどう立ち回るべきか悩む方も少なくないはずです。緩やかな序盤になる三々布石でのポイントは、模様の広さを正しく認識することにあります。

三々定石のトビ対策

現代は数多くの定石が表れては消えていく波の激しい時代となっている。自在に立ち回る力を養うためにも、自力で定石手順を再現できるのが望ましいでしょう。一手一手を自分なりに解釈し、時代の波に流されないよう精進していきたいところ。

小目の二間ジマリ対策

最近は囲碁AIの研究により、対局前から主要な布石の対策を講じられる時代になりました。持ち時間の短縮が進む時代、勝負所で時間を残すためにも序盤研究は必須でしょう。今回紹介する布石は実戦で表れやすい戦型なので、事前準備をしておきたいです。

三々定石の進歩

部分的な定石手順が盤面全体を活用するものへ変容している。碁の打ち方がシビヤになり、研究の成果が顕著に表れる傾向にあります。勝利を掴む近道になり得るが、自分らしさを失う可能性を秘めている。結果を求めるか、独創性の重視か、碁を打つ者に突きつけられている。

三々定石のオススメ戦術

最近は星へ三々入りするのが常法となっており、少しずつ打ち方が収束しつつあります。ただ、難しい変化があまりにも多く、棋力問わずに敬遠する方も少なくないはずです。そこで、今回は比較的簡明に打ち進められる打ち方の一つを紹介していきます。

三々定石のAI戦術対策

今回は「三々定石」を囲碁AI・LeelaZeroで調べた場合に出現する変化を紹介します。AIの周知されていますが、攻め合いなど絡むと正しく評価されないケースが存在します。現段階の強さでは、AIが良いと判断しても人間の手で調べる必要があるようです。

近代戦術の考え方

現代は囲碁AIの発想を次々に取り入れる時代となり、碁の考え方が劇的に変化しています。今回紹介する形もその一つであり、知っているか否かで戦術の幅に大きな差が生じます。発想や知識は様々なところで活きるので、一読してみてください。

三々入りの周辺

今回は「簡明な三々定石が打たれた後の狙い」を中心に紹介します。でき上がりの形は非常に地味ですが、その後の打ち方に大きく影響を及ぼす背景があります。細かな積み重ねが戦術の幅を広げる助けにつながるので、ぜひお試しください。

進化するハサミ戦術

囲碁AIが登場して数年しか経っていませんが、碁の打ち方が劇的に進化しました。「短期間で数十年分の進化を遂げた」という意見もあり、困惑している方も少なくないはず。時代に流れに乗り遅れないよう、新戦術を事前に知っておくことは必須と言えるでしょう。

ツケノビ定石の新型

今回紹介する定石は誰しも一度は打つ「ツケノビ定石」です。囲碁AIの評価が高いのも大きく、現在では様々な局面で使われています。ただし、ツケノビ定石の対応策も深く研究され、少しずつ打ち方が進化しています。

両カカリのフリカワリ

今回は世界戦と国内棋戦で打たれた「両カカリのフリカワリ」を紹介します。序盤から味の良い抜き跡ができるもので、昔なら強く怒られるワカレと言えるでしょう。ただ、現在は「ポン抜き30目」という考えは廃れ、現実的な評価を下されています。

旧定石の改良

囲碁AIの研究が進み、多くの定石が大きく見直されています。今回紹介する定石も、従来のものより改良されており今では常識になっています。他の定石も改善されたものが多く存在するので、囲碁AIで研究することをお勧めします。

三々定石の新型研究

先日の中国倡棋杯で三々定石の新型が現れたので、今回検証していきたいと思います。中国は囲碁AI・絶芸を使っており、独自の研究が進んでいるようで新型が次々に現れます。まだまだ紹介できていない変化が多いですが、今回はその一部を紹介していきます。

三々定石の特徴

三々定石は今では常識となった戦術だが、その概念は非常に難しいものである。難解な変化が多いと知識でわかっていても、なぜそう打つのかわからない方もいるはず。直接勝敗に結び付く訳でないが、三々定石が進化し続けている大まかな概念を紹介する。

三々定石の大型化(2)

前回に引き続き、白が対応を変えた場合の変化を検証していきます。白は黒を低位置にして気分は良いのですが、実際は苦しい局面へ導かれている不思議な変化です。原型から考えると30手以上あるため、事前に研究しておく必要があります。

三々定石の大型化(1)

囲碁AIが打ち出して以来、星へ三々入りするのが常識的な手法となった。様々な変化が研究されているが、想像以上に奥の深い世界で未だに結論が出せていない。今回はWGCで韓国の朴廷桓九段が打った新手を検証していく。