棋戦情報一覧

NO IMAGE

第1回天府杯世界囲碁選手権ー決勝(3)

12月26日に中国で「第1回天府杯世界囲碁選手権」の決勝三番勝負第3局が行われた。中国の陳耀燁九段が中盤で韓国の申眞諝九段を圧倒し、2年ぶりに世界タイトルを奪取した。優勝賞金は200万元(約3230万円)、準優勝は70万元(約1130万円)である。

NO IMAGE

第1回天府杯世界囲碁選手権ー決勝(2)

12月25日に中国で「第1回天府杯世界囲碁選手権」の決勝三番勝負第2局が行われた。韓国の申眞諝九段が中国の陳耀燁九段に勝利し、1勝1敗のタイに持ち込んだ。今年最後の世界頂上決戦はどちらが制すか、明日の最終局に注目していきたい。

NO IMAGE

第12回春蘭杯世界囲碁選手権準決勝

12月19日に中国で「第12回春蘭杯世界囲碁選手権」の準決勝が行われた。韓国の朴廷桓九段と朴永訓九段が極細の難局を制し、韓国棋士同士の決勝戦となった。この組合せは今年に行われた夢百合杯決勝で実現しており、韓国の勢いが増しつつある。

NO IMAGE

第12回春蘭杯世界囲碁選手権準々決勝

12月17日に中国で「第12回春蘭杯世界囲碁選手権」の準々決勝が行われた。中国は柯潔九段と党毅飛九段、韓国は朴廷桓九段と朴永訓九段が勝ち上がった。なお、準決勝は柯潔九段vs朴廷桓九段、党毅飛九段vs朴永訓九段の中韓対決となった。

NO IMAGE

第20回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦第8戦

11月26日に韓国・釜山で「第20回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦」の第8戦が行われた。日本の一力遼八段が出場するも、中国の范廷鈺九段の勢いを止められず無念の敗退となった。第2ラウンド最終戦は韓国の第一人者である朴廷桓九段が出場する予定だ。

NO IMAGE

第20回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦第6戦

11月24日に韓国・釜山で「第20回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦」の第6戦が行われた。日本の許家元八段が出場し、中国の范廷鈺九段に微細ながらも中盤終わりまで優勢に築いた。しかし、時間繋ぎで打った手が痛恨の失着となり、ゴール手前で無念の敗退となった。

NO IMAGE

第23回LG杯朝鮮日報棋王戦本戦準決勝

11月14日に韓国で「第23回LG杯朝鮮日報棋王戦」の準決勝が行われた。中国の時越九段と楊鼎新七段が勝ち上がり、決勝は中国棋士同士の組合せとなった。なお、決勝三番勝負は来年の2月11日から14日の間に行われる予定だ。

NO IMAGE

第23回LG杯朝鮮日報棋王戦本戦8強戦

11月12日に韓国で「第23回LG杯朝鮮日報棋王戦」の8強戦が行われた。中国棋士の勢いが増す中、韓国の新鋭・申旻埈九段が準決勝に駒を進めた。11月14日の準決勝は時越九段と范廷鈺九段、楊鼎新七段と申旻埈九段の組合せとなった。