棋戦情報一覧

NO IMAGE

第32期中国天元戦三番勝負

4月14、16、17日に中国で「第32期中国天元戦三番勝負」が行われた。連笑天元が新鋭の謝科五段を2-1で敗り、天元のタイトルを辛くも防衛した。中国では十代の若手が第一線で戦う姿は珍しくなく、改めて層の厚さを感じるシリーズとなった。

NO IMAGE

第23回LG杯朝鮮日報棋王戦統合予選決勝

4月7日に韓国で「第23回LG杯朝鮮日報棋王戦」の統合予選決勝が行われた。統合予選の枠抜けは中国棋士が12名、韓国棋士4名となり、中国の層の厚さを改めて感じる結果となった。なお、本戦は5月28、30日から行われる予定だ。

NO IMAGE

第23回LG杯朝鮮日報棋王戦統合予選準決勝

4月6日に韓国で「第23回LG杯朝鮮日報棋王戦」の統合予選準決勝が行われた。日本の秋山次郎九段が決勝進出を果たし、枠抜けまで後1勝に迫った。次の対戦相手である中国の若手・范蘊若六段に勝利し、日本囲碁界に良い知らせを持ち帰ってほしいところだ。

NO IMAGE

第23回LG杯朝鮮日報棋王戦統合予選3回戦

4月5日に韓国で「第23回LG杯朝鮮日報棋王戦」の統合予選3回戦が行われた。日本は沼舘沙輝哉六段、秋山次郎九段、首藤瞬七段の3名が準決勝進出を決めた。日本は本棋戦の統合予選を枠抜けしたことがなく、今期で厳しい現状を打破できるのか、注目していきたい。

NO IMAGE

第23回LG杯朝鮮日報棋王戦統合予選2回戦(2)

4月4日に韓国で「第23回LG杯朝鮮日報棋王戦」の統合予選2回戦の一部が行われた。2回戦が終了し、日本は佐田篤史三段、大西研也三段、六浦雄太七段、沼舘沙輝哉六段、秋山次郎九段、首藤瞬七段の6名が3回戦へ進出を決めた。明日から枠抜けまで連日対局が行われる予定だ。

NO IMAGE

第23回LG杯朝鮮日報棋王戦統合予選2回戦(1)

4月3日に韓国で「第23回LG杯朝鮮日報棋王戦」の統合予選2回戦の一部が行われた。日本棋士は11名出場したが、僅か1名しか勝ち残れない厳しい現実を突きつけられた。明日行われる2回戦には10名の日本棋士が参加するので一人でも多く3回戦へ駒を進めてほしいところだ。

NO IMAGE

第23回LG杯朝鮮日報棋王戦統合予選1回戦

4月2日に韓国で「第23回LG杯朝鮮日報棋王戦」の統合予選1回戦が行われた。総勢340名の日中韓台の棋士が参加し、本戦入り16枠をかけて争う厳しい予選。日本は1回戦に15名参戦し7名が勝ち上がった。以前と比較すれば大きく前進しており、少しずつ若手が育っているのかもしれない。

NO IMAGE

第12回春蘭杯世界囲碁選手権ー2回戦

3月23日に中国・江蘇省で「第12回春蘭杯世界囲碁選手権」の2回戦が行われた。日本の本木克弥九段は中国の辜梓豪九段に敗れ、日本勢はベスト16で姿を消す結果となった。次回こそは良い結果を持ち帰れるよう、頑張ってほしいところだ。

NO IMAGE

第12回春蘭杯世界囲碁選手権ー1回戦

3月21日に中国・江蘇省で「第12回春蘭杯世界囲碁選手権」が開幕した。日本の本木克弥八段が韓国の李世乭九段に勝利し、2回戦へ駒を進めた。3月23日に行われる2回戦では、三星杯で優勝を果たした中国の辜梓豪九段と激突する。

NO IMAGE

ワールド碁チャンピオンシップ2018ー決勝戦

3月19日に日本棋院で「ワールド碁チャンピオンシップ2018」の決勝戦が行われた。韓国の朴廷桓九段が日本の井山裕太九段の戦術を冷静かつ柔軟にかわし、本棋戦二連覇を果たした。井山九段は今回もチャンスを掴めず、世界の壁の厚さを痛感する結果となった。

NO IMAGE

ワールド碁チャンピオンシップ2018ー準決勝

3月18日に日本棋院で「ワールド碁チャンピオンシップ2018」の準決勝が行われた。日本の井山裕太九段と韓国の朴廷桓九段が準決勝を制した。井山九段が悲願の世界戦優勝を飾れるか、注目していきたい。決勝戦は明日の10時半頃から対局開始する予定だ。