棋戦情報一覧

NO IMAGE

第23回三星火災杯世界囲碁マスターズー16強戦

10月1日に韓国で「第23回三星火災杯世界囲碁マスターズ」の16強戦が行われた。日本の井山裕太九段が中国の李軒豪七段を破り、日本は9年ぶりに8強戦へ駒を進めた。次の相手はLG杯決勝で敗れた中国の謝爾豪九段、リベンジを果たしたいところだ。

NO IMAGE

第1回天府杯世界囲碁選手権ー順位決定戦

9月26日に中国・北京で「第1回天府杯世界囲碁選手権」の順位決定戦が行われた。A組は中国の江維傑九段、B組は韓国の朴廷桓九段が勝利し、それぞれの順位が確定した。12月21日に行われる準決勝は江維傑九段vs申眞諝九段、朴廷桓九段vs陳耀燁九段となった。

NO IMAGE

第1回天府杯世界囲碁選手権ー8強戦

9月25日に中国・北京で「第1回天府杯世界囲碁選手権」の8強戦が行われた。A組は中国の陳耀燁九段、江維傑九段、B組は韓国の朴廷桓九段、申眞諝九段が駒を進めた。この地点で4名は12月に行われる準決勝進出が確定し、明日は各組の順位決定戦が行われる。

NO IMAGE

第1回天府杯世界囲碁選手権ー16強戦

9月23日に中国・北京で「第1回天府杯世界囲碁選手権」の16強戦が行われた。日本の山下敬吾九段が中国の辜梓豪九段に敗れ、日本勢は16強戦で姿を消した。世界の壁はまだまだ厚く、勝ち上がるためにはさらなる飛躍が求められるようだ。

NO IMAGE

第5回国手山脈杯世界囲碁大会ー3日目

7月30日に韓国で「第5回国手山脈杯世界囲碁大会」の三日目が行われた。韓国の朴廷桓九段が台湾の王元均八段を寄せ付けない石運びを見せ、世界戦優勝を果たした。夢百合杯、ワールド碁チャンピオンシップに続き、今年3つ目の世界タイトルを獲得した。

NO IMAGE

第5回国手山脈杯世界囲碁大会ー初日

7月28日に韓国で「第5回国手山脈杯世界囲碁大会」が開幕した。日本は井山裕太九段、結城聡九段、一力遼八段が出場するも、16強戦で無念の敗退となった。明日はペア碁戦で高尾紳路九段が韓国の呉侑珍六段、謝依旻六段は台湾の林至涵九段とペアを組んで出場します。

NO IMAGE

第4回百霊杯世界囲碁オープン戦ー8強戦

7月26日に中国で「第4回百霊杯世界囲碁オープン戦」の8強戦が行われた。日本の井山裕太九段と芝野虎丸七段が敗れ、8強戦で姿を消す結果となった。世界優勝者クラスの中で勝ち残るには、もう一歩先に進まなければならないようだ。

NO IMAGE

第4回百霊杯世界囲碁オープン戦ー16強戦

7月24日に中国で「第4回百霊杯世界囲碁オープン戦」が開幕した。日本の井山裕太九段と芝野虎丸七段が世界戦優勝経験者の棋士を破り、2回戦に駒を進めた。明日行われる8強戦で日本棋士の存在を示すことができるか、注目していきたい。