布石一覧

小目のケイマジマリ布石(3)

今回は小目のケイマジマリへ肩ツキをする布石を紹介します。何気ない利かしですが、既に黒がいろいろと動きづらい局面となっているのです。白は難しい技術を要さずに打てる代わりに大局的な判断が要求されるため、人を選ぶ戦術かもしれません。

小目のケイマジマリ布石(2)

前回の引き続き、小目のケイマジマリの布石を検証していきます。白3はシマリへ手をつける常套手段で、最近多用されている戦術の一つです。ただ、黒から様々な打ち方があり、的確な対応をするのが難しく高い実力が要求されます。

小目のケイマジマリ布石(1)

囲碁AIの評価により、打ち方や考え方が飛躍的に進化し続けている時代。そんな中、絶芸が小目のケイマジマリを高評価したことにより、流行の兆しが見られている。この戦型を数回に分けて紹介する予定で、初回は級位の方でも扱える戦術を紹介します。

三々入りの対抗策

三々入りの攻防は簡明な変化を選んでも、後の打ち方が難しいと感じる方が少なくないはず。ただ、ある程度の距離感を事前に知っておくと、簡明に序盤戦を切り抜けられます。今回は三々に入られた側ができる限り、わかりやすく収束する方法を紹介する。

三々入りのコツ(3)

今回は旧戦術から新戦術へ移り変わった代表的な布石を題材にしました。全局的な展開力が飛躍的に向上しており、より盤面全体を使うことを重視されています。現代はスピード重視、そして石の効率の最大化を目指す努力が求められています。

三々入りのコツ(2)

世界のトップ棋士を中心に三々入りの実戦例が非常に増加しています。星への「カカリ」が珍しくなり「三々入り」が常法となるのも時間の問題と言えるでしょう。今の時代、いち早く新戦術を取り入れて自分の碁にどう還元するか、これが重要になります。

三々入りのコツ(1)

囲碁AIが登場して以来、星へ三々入りする戦術は現代を代表するものとなりました。ただ、考え方や使い方が難しいと思われて、未だに手を出せない方も少なくないはずです。そこで、今回は数回に分けて、三々入りの簡単なコツを解説していきます。

今年の新戦術・新手法特集

今年は誰しも囲碁AIを使える時代となり、以前とは比べものならない速さで進化しています。そこで、今回は1年間で打たれた代表的な新戦術、新手法を大まかに紹介していきます。これからもよく打たれる可能性が高いので、チェックしておいて損はないはずです。

序盤早々の三々戦術ー基本編(5)

今回は対三々戦術の新常識を解説します。三々入りに対して、昔は模様を築きたい方向から押さえるのが鉄則でした。しかし、現代は逆方向から押さえ、相手の石を引き付けて厚くするのが主流となっています。模様はただ広げるだけでは勝てません、効率良く広げる工夫が必要です。

布石の基本(6)【厚みの活用2】

厚みの活用と聞くと、多くの方は模様拡大に役立てることを真っ先に考えるようです。しかし、強くなればなるほど、厚みは攻めに活用する傾向になっていきます。理由の一つは、攻めの調子で地を築いた方が石の効率が上がると考えられているからです。

布石の基本(5)【模様の削減2】

模様の碁を攻略するコツの一つは、実利にこだわり過ぎないことです。目先の利益に惑わされず、全局的なバランスを取れれば碁の質が飛躍的に上がります。本題を通して、力技を使わずに簡明に局面をリードする術を掴めれば幸いです。

序盤早々の三々戦術ー基本編(4)

今回は対中国流に対する序盤早々の三々戦術を紹介しました。従来の考え方では、三々に入られるのは黒が歓迎する展開でしたが、先の打ち方がわかり黒容易でないことがわかっています。大局観を求められる戦術ですが、近い将来、常識的なものとなるのでぜひ挑戦してください。

序盤早々の三々戦術ー基本編(3)

今回は模様を築きやすい三連星にも有力であることを紹介します。三々の定石は厚みを築かれる短所があり、相性の悪い組み合わせに思えるかもしれません。しかし、柔軟な発想と冷静な形勢判断で局面を見渡せば、黒容易でないことに気づきます。

序盤早々の三々戦術ー基本編(2)

今回は昔からよくある戦型から三々戦術を紹介していきます。序盤から狭いところに入るため、人間的な感覚ではとてもよく見えないと思います。しかし、厚みを厚みとして活かすのが見た目以上に難しく、結果的に三々を打った側が有利になるのです。

序盤早々の三々戦術ー基本編(1)

近い将来、序盤早々の三々入りは碁の常識的な戦術となります。初回は二連星の布石を題材に序盤の呼吸を解説していきます。相手の出方を見て変幻自在に打ち方を変えられる長所があり、応用範囲の広い戦術と言えるでしょう。

布石の基本(4)【模様の削減1】

模様を張られた時に取るべき戦術は「模様を消す」ことです。相手に包囲されない境界線で模様を制限できるので、簡明に局面をコントロールできます。初回は模様を消す手段としてよく用いられる「肩ツキ」の呼吸を紹介します。

布石の基本(3)【厚みの活用1】

今回は厚みの活用について紹介しました。右上の構えは白を制しているだけでなく、厚みとしても働きます。白は厚みを軽視して足早に打ち回しており、右上の厚みを背景に白のやり過ぎを咎めていきたいところ。

布石の基本(2)【厚みの距離感2】

前回に続き、厚みの距離感についての記事を執筆していきます。今回は整形の手筋を用いるので少し難しいですが、基本的な考え方は変わりません。「厚みに近づかない」という発想を基に、本テーマ図に臨んでみてください。

布石の基本(1)【厚みの距離感1】

今回のシリーズは布石の基本を簡明に紹介していきます。幅広い棋力の方に見てもらえるよう、易しい局面で考え方主体に解説していく予定です。初回は厚みに近づかない長所をまとめました。一路の差で大きく戦況が変わることを体感してもらえれば幸いです。

序盤早々の三々対策(1)

序盤早々の三々入りが大流行しており、星にカカリを打つ方が珍しくなりそうな勢いです。今回は三々入りが用いられる代表的な布石から簡明な対策を紹介していきます。白番の場合、自分が模様を張るよりも相手に模様を張らせない呼吸で打つと良いようです。