最新戦術

【黒番の流行形攻略】わずか5手で成し遂げた、簡明すぎる攻略法

黒番は芈昱廷九段、白番は楊鼎新九段。
黒2に、白3とかわしたのが、斬新な発想でした。
黒4と叩かれても、白5と利かせば、白十分なワカレになります。

 

手抜き手法の特徴

  • 複雑な戦いになりづらい
  • 安全した打ち回しの実現
  • 「固めても良い」のが強み

 

高い技術が必要な布石を、わずか5手で簡明になりました。
流行形をわかりやすく攻略でき、大ブレークしそうです。
どんな意図があるか、早速見ていきましょう!

 

 

実戦図 「徹底的に形を決める」

実戦は、黒1と大場へ走りました。
白8以下で、上辺と右辺を打てた戦果が大きく、白満足なワカレです。
元々、右上の黒陣は固いので、さらに固めても損失になりません。

 

ポイント

徹底的に形を決めて、周囲の余得を回収する

 

参考図1 「発展性が広がる」

黒2、4と受けるなら、白5と上辺を広げます。
黒は右下に偏っているので、白の発展性が勝ります。

 

参考図2 「用意された後続手段」

黒1には、白2の切り違いで応じます。
黒3と反発された時、白4が用意された手段。
黒Aは形が崩れており、白Bなど大場に走られて黒不満です。

当然、黒5と反発したいところです。
ただ、白6以下と突破すれば、白悪くない展開です。

 

参考図3 「上と下の交換は歓迎」

黒1、3には、白4と上辺を補強します。
白は左上を固めながら、厚みを築けたので白十分です。

 

参考図4 「サバキのテクニック」

黒2と反撃された場合、白3以下と形を決めます。
白Aと叩かれるのは痛いので――、

黒6には、白7から9が面白い追求です。
AとBを見合いにしています。

黒10、12と守るなら、白13と様子見します。
黒14など封鎖を避ける必要があり、白15と隅を生きれば白十分です。
黒Aには、白Bと上辺を捨てるイメージで左上を固めます。

 

まとめ 「相手を重複形に導く、ツケ手法」

白2は「徹底的に形を決める手法」です。
右上は固いので、さらに固めたところで損失になりません。
形を決めて要所を次々に占める、現代的なスピード戦法でした。

-最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所