一覧

三々定石難解形の備え

三々定石の難解形を避ける手段は様々な研究されています。今回は部分的な変化で対処するのではなく、配石を活用した全局的な打ち方で難解形に対抗する序盤の組み立てを紹介します。

三々定石の全局構想

三々定石は盤面全体に大きな影響を与える現代主流の大型戦術です。今回紹介する戦術も、原型から60手近く続く変化もあり、必須の研究項目と言えるでしょう。三々の世界は非常に難解で進化し続けそうです。

シチョウアタリの攻防

今回は「シチョウアタリを巧みに利用した」戦術です。これにより、両カカリの簡明な対抗策と知られた戦術にもリスクがあることが明るみになりました。ネット碁で打たれ始めたもので流行するかもしれません。

棋力向上の詰碁175

【黒先白死:上級~有段者】右辺はダメヅマリですが、手順を尽くして攻める必要があります。コウではなく、無条件で仕留めてください。

ノビの簡明戦術

三々定石で素直にノビで受けるのは「足が遅い」と感じる方が多いはず。しかし、実際は隅への後続手段があり、そこまで遅れている訳ではありません。今回は簡明かつ実戦的な運用方法をまとめました。

定石後の狙い筋

大流行のツケ二段定石で生じる弱点を突いた模様の荒らし方を紹介しました。実戦でよく目にする形で、定石後の手段を知っておけば大いに役立つはずです。厚みに見える形でも様々な含みがあるものです。

NO IMAGE

「国際AI囲碁協会」設立

11月29日に株式会社アンバランスが「国際AI囲碁協会」を設立した。AIの活用により囲碁普及や棋力判定、棋士育成サポート、大会活用など為すのが目的という。どのように世界に存在感を示していくのか、今後の活動にも注目していきたい。

模様撃退戦術

今回は現代戦術による未然に模様を防ぐ手法を紹介します。AIにより無数の戦術が発見された中の一つで、誰でも簡単に使えるものなので、取得してみてください。特に模様を苦手とする方は必見です。

棋力向上の詰碁174

【黒先黒生:上級~有段者】スペース不足に見える黒ですが、シノギの手筋で眼形を確保できます。ヒントはダメヅマリを活用して相手の石を誘導することです。

強化学習の新形態

11月19日にDeepmind社より学習の手法について論文が発表された。表現関数、ダイナミックス関数、値関数の3つを同時に鍛え、AlphaZeroよりも効率的かつ強力なAIを実現することに成功した。計算資源の削減しつつ、効率的な学習へ大きく踏み出したようだ。

三々定石後の呼吸(2)

前回に続き、三々定石後の厚みへどのように迫るべきか、この点に絞って紹介していきます。基本的な指針があれば、様々な局面で誤った決断をする可能性が激減します。今回も一路の差が明暗を分けます。