小目の二間ジマリ 最新戦術

【小目の2間ジマリ周辺】相手の動きを縛る、3手1組の対抗策

黒番は孫騰宇七段、白番は范廷鈺九段。
黒1に白2、4と切り返すのが、有力な手法です。
相手の追求を封じ込める「簡明な3手1組の対抗策」です。

 

3手1組対策の特徴

  • 簡明な運用で使える
  • 追求手段は怖くない

 

「1つの戦術が消えるキッカケになった手法」

使いやすい上に、安定感ある打ち方を実現できます。
この手法が生まれ、追求手段が劇的に変わっています。

 

 

実戦図 「安定感ある実利型の布石」

実戦は、黒3以下と互いに大場へ走りました。
「なぜ、右上に手を戻さないのか」
それは、黒から動きづらい事情があるからです。

 

ポイント

安定を図りながら、相手の動きを制限できます

 

参考図1 「ツギが悪い理由①『足の遅い石運び』」

黒1には、白2以下と形を決めます。
右上の拡大を防ぎながら、上辺を占めて白十分な展開です。

 

参考図2 「ツギが悪い理由②『厚みの重複』」

前図で、黒2と進出を止めるなら、白3以下と生きを図ります。
右辺の幅が狭く、黒の厚みを活かせません。

 

参考図3 「白の実利が大きい」

黒1と手を戻すなら、白2と地を稼ぎます。
右上の黒地は、手をかけた割に大きくないのが泣き所。
また、白2ではAなど、大場に走るのも有力です。

 

参考図4 「要注意!手順前後の罠」

白1から5は手順前後。
黒6以下と丸呑みを狙われ、白は苦しい戦いを強いられます。

 

参考図5 「進化し続ける現代手法」

黒1と白2を交換し、黒3と大場に走るのが現代手法。
この打ち方の詳細は、下記を参照ください。

 

【ツケ引き定石周辺】1手の様子見で可能!実利先行型の布石構築

白1に、黒2の様子見が有力。 簡明な手法で、効率的に地を稼げます。 実戦でよく表れる形なので、オススメです。   様子見の特徴 相手の動きを制限 足早 ...

続きを見る

 

まとめ 「相手の布陣をコリ形に導く手法」

白1、3は「敵陣を効率の悪い土地にする手法」です。
簡明な打ち方であるため、相手は変化しづらいのも長所です。
知っているだけで、大きな差をつけられます!

-小目の二間ジマリ, 最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所