小目の二間ジマリ 最新戦術

【小目の2間ジマリ周辺】シチョウ良しで使える、簡明なサバキ

黒番は范廷鈺九段、白番は党毅飛九段。
黒2のハサミに、白3以下が簡明なサバキ方です。
この手法を使える条件は「シチョウが白良しで、白Aと切れる場合」です。

 

 

実戦図 「軽快な石運び、加速するスピード」

黒1に、白2以下と右上を荒らしながら、上辺の白陣を補強して白好調です。
黒Aのコウはありますが、先の遠い話なので、生きと見て問題ありません。

 

参考図1 「死活の確認」

黒1には、白2以下と粘るのが手筋です。
黒Aに、白B以下で白有利なヨセコウになります。
黒は大きな負担と手数がかかるので、得する未来はほぼないです。

 

参考図2 「サバキの発動条件」

黒2と遮るなら、白3と切ります。
黒Aに、白B以下とシチョウで捕まらないのが、この手法の発動条件です。

黒4以下と封鎖するしかないところ。
ただ、黒Aの断点が残るため、黒は大場へ走れないのが泣き所です。

 

参考図3 「隅を大きく荒らす」

黒1には、白2以下と隅を荒らして白十分。
白Aと動く狙いもあり、白の楽しみが多いです。

 

参考図4 「黒のリスクも高い」

黒1に、白2以下と黒陣を突破します。
黒Aの狙いが残るものの、黒は2つのコウ材を用意する必要があります。
また、黒がコウに負けると、右上全体が薄くなるリスクも抱えています。

 

まとめ 「シチョウ良しで使える、オススメのサバキ手法」

白3は「シチョウ白良しで使える、簡明なサバキ」です。
複雑な変化がなく、想定すべき変化が少ないのも魅力の1つ。
白1のツメが大きいと見られる理由は、本手法があることでした。

-小目の二間ジマリ, 最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所