小目の二間ジマリ 最新戦術

【小目の二間ジマリ】サバキの高等戦術!相手の勢力圏で華麗に整形

黒番は辜梓豪九段、白番は申真諝九段。
白1と黒2を交換した後、白3のツケがサバキの手順です。
この手法は「相手の勢力圏で整形する」のが狙いです。

 

ツケの特徴

  • 相手の勢力圏で治まれる
  • カウンターを狙う守り方

 

「シチョウが悪くて、コウにも弱い」状況でも整形できます。
ただ、扱うのが難しく、事前に研究する必要があります。

 

 

※下記が簡明策の紹介です。こちらも合わせてご覧ください。

【小目の二間ジマリ攻略】知って得する!2パターンの打ち込み手法

  「小目の二間ジマリを荒らす手がわからない・・・」   たった2パターンを知れば、荒らしの成功率が上がります! 今回は「具体的な手段」と「 ...

続きを見る

 

 

 

実戦図 「柔軟にかわす!見合いのサバキ手法」

黒1には、白2以下と形を作ります。
カケツギの形を作るのが、この手法の基本形です。

黒7と追求された時、白8から10が好手です。
Aの反撃と、Bと補強する手を見合いにできます。

 

ポイント

コウ材が少ない場合、見合いに導くのがコツです

 

参考図1 「『重要』コウを仕掛けるリスク」

白1とコウに弾きたいですが、黒6の周辺にコウ材が多く戦えません。
実戦でよくやりがちなミスなので、注意です。

 

参考図2 「捨て石作戦で追求をかわす」

黒2と切るなら、白3以下と頭を出します。
AとBの狙いがあり、黒の攻めが続きません。

黒6には、白7以下と厚みを築けます。
ただ、黒の実利も大きく、互角に近いワカレです。

 

参考図3 「石の調子で整形-敵陣で治まる石運び」

黒1には、白2以下と石の調子で脱出します。
Aを横目に、白Bが利くのがポイントです。

黒9には、白10以下と治まるのが安全策。
黒の勢力圏で十分な形を得たので、白悪くないワカレです。

 

参考図4 「強気なシノギが成立-攻めがつながらない」

前図の途中で、黒2と受けるなら、白3と隅にプレッシャーをかけます。
白9まで、下辺と右辺を荒らせたので、白十分です。
黒Aには白B、黒Cには白Dで捕まりません。

 

まとめ 「実戦で表れやすいサバキの高等戦術」

白1、3の手法は、使いこなすのが難しいです。
ただ、実戦で表れやすいので、出切れば使えるようになりたいところ。

-小目の二間ジマリ, 最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所