最新戦術

【小目のハサミ対策】シチョウ良しで使える!安定重視の大斜ガケ

黒番は申眞諝九段、白番は柯潔九段。
白3が利点の多いオススメの受け方。
発動条件は「シチョウ良し」です。

 

大斜ガケの特徴

  • シチョウ良しが発動条件
  • スピード重視の整形術
  • 戦う必要は一切なし

 

条件を満たせば、有力なハサミ対策になります。
戦いが苦手な方に、オススメです!

 

 

実戦図 「戦わずに打てる!地を稼ぐ安定重視の手法」

黒1には、白2から4と受けます。
根拠を求めるのが、ポイントです。

黒5には、白6以下と切断します。
白6、8は、黒A以下に備える大事な手続きです。

黒13、15に、白16以下が効果的な守り方。
右下の攻めを残せるのが、白の自慢。

ポイント

攻めを横目に、地を稼げるのが長所です

 

参考図1 「工夫不足の受け方-相手に先行される」

白1は踏み込み不足です。
黒2以下と大場に先着されます。

白5には、黒6以下でかわせます。
厚くする狙いがあり、厳しく追求できません。

 

参考図2 「切り違いのサバキ!スピード加速で走り切る」

黒2には、白3で安定を図ります。
ポイントは、右下の補強です。

黒4には、白5以下と守ります。
右下は生きているので、白9以下と大場を走れるのが大きいです。

 

参考図3 「シチョウ良しが必須条件!必ず確認しよう」

黒1は、白2以下でシチョウです。
成立しない場合、白が悪くなりやすいので注意です。

 

参考図4 「昔の変化は乱戦模様-力自慢向けの進行」

白1以下が、従来の変化です。
黒の勢力圏で戦うので、オススメしません。

 

まとめ 「シチョウ確認で使える!有力なかわし方」

白1、3と流行の手法です。
シチョウが良ければ、地を稼ぎながら治まれます。
ハサミ対策の1つとして覚えておきたいです。

-最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所