最新戦術

【小目の一間ガカリ対策】模様が地に変わる!実戦的なハサミ手法

黒番は辜梓豪九段、白番は卞相壹九段。
黒1に、白2以下と左辺を広げるのが好判断。
「左上を厳しく追求できない」ことを利用した画期的な着想です。

 

低いハサミの特徴

  • 効率的に模様を拡大できる
  • 隅は強く追求されない

 

「模様を地に変える実戦的な打ち方」
厚みをうまく活用できるので、選択肢の1つとして知っておきたいです。

 

【小目の二間バサミ】相手の余裕を奪う!局面をコントロールする手法

黒番は党毅飛九段、白番は周泓余六段。 黒2のハサミは最近打たれる手法です。 白に余裕を与えない意図があります。   ハサミの特徴 簡単に根拠を与えない ...

続きを見る

 

 

実戦図 「『模様を地に変わる』実戦的な石運び」

当然、黒1と手抜きを咎めにきます。
ただ、白2以下と守れば、地を稼ぎながら収まれます。

黒7と連絡を断つなら、白8から10と形を決めます。
黒11と受けざるを得ず、白12以下と左辺を囲って、白十分です。

 

ポイント

自然な石運びで、模様を地に変換できる

 

参考図1 「地を稼ぐスピードを加速できる」

黒1と受けるなら、白2以下と守ります。
黒7と守るのが相場で、白8など走れば、白悪くない展開です。
左辺の模様を拡大しつつ、大場を占められるのが自慢です。

 

参考図2 「安定を重視した模様拡大」

黒1、3には、白4以下と生きを確保します。
次に、白Aが厳しいので、黒は守るぐらいですがーー、

黒13など備えた時、白14と連絡を促すのが好手。
白20まで、左辺を広げながら、Aを狙って白十分です。

 

参考図3 「高いハサミが悪い理由」

白2、4と高く構えるのも、有力そうに見えます。
ただ、低い場合と比べて、大きな差が生じるのです。

黒17まで、前図と似た進行になったとします。
AやBと荒らす手段が残るので、左辺が大きくまとまりづらくなります。

 

まとめ 「1間ガカリへの有力な対抗手段」

白1、3は「厚みを最大限に活かす模様戦術」です。
1間ガカリにハサむのは良くない、この考えを覆す着想です。
相手の出方で、模様を地に変えられるので試してみてください。

-最新戦術

Copyright© okaoの囲碁研究所 , 2020 All Rights Reserved.