最新戦術

【小目の大ゲイマジマリ】相手の出方を引き出す、ツケの様子見

黒番は李欽誠九段、白番は廖行文六段。
白2と構えた時、黒3と様子見するのが現代手法です。
今回は、数多くある変化の内の1つを解説していきます。

 

ツケの様子見の特徴

  • 臨機応変に立ち回れる長所
  • 大ゲイマジマリを攻略するカギ

 

「多くの人は、道具に遊ばれている」

 

知識を学ぶのは、特効性があって人気の勉強法です。
ただ「どういう発想で使うべきか」最も重要な点が抜けているものが多いです。
この点を考える、学ばないと、長期的な成長は望めず、停滞に陥ります。

 

 

実戦図 「新時代の発想、使い分ける余裕を残す」

白1に、黒2から8と形を決めるのが、定石手順です。
ここで、左上を守らず、黒10と大場に走るのが現代的な打ち方。
局面の状況に応じて、AやBを使い分ける意図があります。

 

ポイント

相手の動きを見て、最適な石運びを目指す

 

参考図1 「全局的なリードを奪う」

白1と迫られても、黒2以下と大場へ走って黒十分。
相手の動きを見て「捨てる方針」に切り替えるのが機敏です。

 

参考図2 「スピード重視の打ち方」

白1にも、黒2以下と大場に走るのが有力です。
黒A以下と追求する手段もあり、黒の足早な石運びが勝ります。

 

参考図3 「サバキのテクニック」

黒2から4と動くのが、狙いです。
例えば、白5と根拠を奪うなら、黒8以下の手段があります。

白11には、黒12以下と下辺に自陣を築いて黒成功です。
白AやBと突破できないので、見た目以上に厚い形になっています。

 

参考図4 「反発の対策、一気に模様を盛り上げる」

白2と反発された場合も、検証します。
黒3以下は一本道のワカレで、白が厚い交換に見えますが――、

黒9から13と模様を築けるのが、黒の自慢です。
仮に、白14など大場に走ると、黒15以下で深い自陣を作れます。
黒Aが利いていて、荒らしづらい土地になっています。

 

参考図5 「利きを活用した有利な戦い方」

白1と反撃されても、黒2以下で戦えます。
黒AやBが利いているので、黒の薄さを突破しづらい格好です。

 

まとめ 「無難なツケの収束方法」

以上より、黒1に白2と受ける相場と見られています。
黒3以下と、互いに自陣を固めるワカレで、双方不満がないからです。
時間がある時に、ツケの攻防を記事でまとめたいと思います。

-最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所