最新戦術

【小目の大ゲイマジマリ周辺】強襲をかわす、サバキのテクニック

黒番は江維傑九段、白番は趙晨宇八段。
左上は小目の大ゲイマジマリで表れる形で、黒1から3は穏やかな受け方。
黒9まで、ダメヅマリの白をどう整形するかが焦点です。

 

 

実戦図 「強襲をかわす、サバキのテクニック」

白1と頭を叩くのが出発点。
黒2の切りに、白3が形の急所で整形できます。
黒Aは白B以下で黒1子を取って、白成功です。

黒4と中央へノビ切るところ。
白5以下と黒の形を崩しながら、左辺を補強できるので白十分です。
黒10と左上にプレッシャーをかけられますが――、

白11以下とシボリを決められるので、左上は捨てても構いません。
後に白Aなどの動き出しもあり、左辺に白陣を築いた白に軍配があがります。

 

参考図1 「石の調子で整形できる」

黒2、4と裂くのは、白5と抱えて白成功。
白1のツケは、石の調子で本図に誘導するのが狙いです。

 

参考図2 「中央の主導権掌握」

黒2と切るなら、白3以下と先手で中央を厚くして十分。
左上を取られても、白Aと上辺を割る狙いがあるのも、白の自慢です。

 

参考図3 「ノビが打ちたくない理由①」

黒1のノビは、堅実な受けです。
ただ、白2から4と左上を守る調子を得るため、白6など大場に走られます。
実戦進行は、左上の白を強く追求し、本図を避ける意図があります。

 

参考図4 「ノビを打ちたくない理由②」

白を必要以上に強化しないため、黒3から5の受けも考えられます。
ただし、白6に黒7と反発した場合、白8が厳しくなります。

黒9以下と飲み込みにきても、白14で攻めが切れます。
黒Aと守るなら、白B以下で簡単に生きれるので、黒失敗です。

 

まとめ 「結論:強襲は怖くない」

白2、4が「黒の追求をかわすサバキのテクニック」です。
ポイントは、左上の白は捨てても構わないと考えることです。
黒の強襲を真正面から受けるのは危険なので、かわすのがオススメ。

-最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所