流行形研究

【ツケ引き定石周辺】1手の様子見で可能!実利先行型の布石構築

白1に、黒2の様子見が有力。
簡明な手法で、効率的に地を稼げます。
実戦でよく表れる形なので、オススメです。

 

様子見の特徴

  • 相手の動きを制限
  • 足早な展開を実現
  • わかりやすい手法

 

3つの変化を想定すれば、すぐ使えます。
それでは、昔の打ち方が消えた理由も含めて、見ていきます!

 

 

想定図 「相手の動きを縛る!様子見の効果」

白1には、黒2以下と地を稼ぎます。
この地点で、白の動きを制限できています。

例えば、白7と上辺を占めるなら、黒8以下と荒らします。
いつでもに荒らせるのが、黒の自慢です。

ポイント

「上辺の白陣拡大を制限できる」これが長所です。

 

参考図1 「5手1組の知っておきたい模様対策」

白1と広げるなら、黒2以下が有力。
左辺と左下の攻めを横目に、白模様を消せます。

 

参考図2 「分断への対策-軽快に実利を稼ぐ」

白2と遮るなら、黒3以下と稼ぎます。
AやBを狙えるのがポイントです。

白6、8には、黒9以下と自陣を固めます。
Aなどが利くので、左上の黒陣は深いです。

 

参考図3 「ツメが消えた理由①『機敏な手順』の発見」

黒1と迫るのは、白2以下が好手順。
どう受けても、黒はうまくいきません。

黒7には、白8以下で左辺を広げられます。
黒の幅が狭く、厚みが活かせません。

 

参考図4 「ツメが消えた理由②『後続手段』が厳しくない」

黒1は受けず、白2と稼ぎます。
黒は厳しい後続手段がありません。

黒3と追求されても、白4以下で整形できます。
一手少ない場で、立派な形を築けば白十分です。

 

まとめ 「すぐに実戦で使える!実利先行の布石を実現」

黒1と白2の交換で、白地拡大を防げます。
「地を稼ぐ」方針もわかりやすく、すぐに実戦で活用できるはずです。

-流行形研究

Copyright© okaoの囲碁研究所 , 2020 All Rights Reserved.