最新戦術

【小目のハサミ攻防】相手の攻めをかわす、捨て石の大胆発想

黒番は崔精九段、白番は范胤八段。
黒2、4に守らず、白5と地を稼ぐ手法が打たれています。
黒6に白7でかわすのが有力で、主流の対抗策になるかもしれません。

 

【小目のハサミ周辺】制空権を奪う、現代的な整形術

黒番は辜梓豪九段、白番は楊鼎新九段。 白2に、黒3以下と受ける手法が打たれ始めました。 それに対し、白6が有力な守り方で、覚えておきたい形です。   ...

続きを見る

 

 

実戦図 「追求をかわす、大胆な捨て石構想」

黒1、3と、右下の白を追求していきます。
Aの傷もあり、白は収拾つかない形に見えますが――、

白4と黒5を交換した後、白6以下と押し切るのが大胆な発想。
次に白AやBの狙いがあり、黒は右辺を備える必要があります。

黒11、13と右辺を守るなら、白14以下と外側を厚くします。
白Aと生きる手段もあり、白の厚みに軍配があがります。

 

参考図1 「反発は軽くかわす」

黒2と反発するなら、白3と治まります。
黒4と切られても、白5の好点に走れば白の実利が勝ります。
黒Aは白B以下で支えられるので、問題ありません。

 

参考図2 「従来の決め方は『足が遅い』」

黒1など手抜きするのは、白2以下と押さえ込むのが狙いです。
黒は封鎖されるのがツライので――、

当然、黒5、7と包囲網を突破されます。
ただ、白8以下で右辺を割りながら、白A以下の手段を見て白十分です。
この手段を見られるので、右辺の備えは大きいです。

 

参考図3 「中央の主導権を掌握」

黒1と大場に走るなら、白2以下と整形します。
中央の主導権を得られるので、白不満なしの進行です。

 

まとめ 「簡明にかわすコツは『捨て石』」

白1、3が「黒の追求をかわす捨て石作戦」です。
白7まで、右辺を飲まれても、AやBの手段が残るので白十分。
シンプルな対応策で、主流の対抗策になりそうです。

-最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所