最新戦術

【小目の二間バサミ】相手の余裕を奪う!局面をコントロールする手法

黒番は党毅飛九段、白番は周泓余六段。
黒2のハサミは最近打たれる手法です。
白に余裕を与えない意図があります。

 

ハサミの特徴

  • 簡単に根拠を与えない
  • 自在に整形できる

 

「相手の出方を引き出す」これが長所です。
後出し戦法で、有利に展開できます。

 

 

実戦図 「局面コントロール!自由自在な打ちまわし」

白1以下が気になる追及です。
ここで、知っておきたい手筋があります。

黒10のツケが、必須の手筋です。
AとBが見合いでシノげます。

実戦は白11、13と抵抗します。
黒22まで、右下を捨て石に、外を厚くして、左下を攻めれば黒十分です。

ポイント

「相手の動きを見て、自在に変化できる」これが長所です

 

参考図1 「用意されたサバキ-追及のかわし方」

白2には、黒3から5と切ります。
下辺と右辺の白を狙って、黒有利な戦いです。

白6と抵抗されても、黒7以下で整形できます。
右辺を封鎖しつつ、自身を補強して黒十分。

 

参考図2 「実戦的なフリカワリ-『ポン抜き』は小さい」

白2、4には、黒5以下と制します。
下辺の実利が大きく、黒満足なワカレ。

 

参考図3 「高いハサミが悪い理由①『攻めが続かない』」

「なぜ、黒1の高いバサミは悪いのか」見ていきます。
理由は、白2以下で余裕ある形になるからです。

 

参考図4 「高いハサミが悪い理由②『強く反撃できない』」

白1に、黒2と分断するのはどうか。
これは、白3以下で黒不利な戦いです。

 

まとめ 「柔軟な石運び!流行の兆しあるハサミ」

黒2は余裕を与えない攻めの手法。
高いハサミの欠点を改善され、今後よく打たれるかもしれません。

-最新戦術

Copyright© okaoの囲碁研究所 , 2020 All Rights Reserved.