最新戦術

【小目の二間バサミ攻防】要注意!一手で大きな差を生む封鎖方法

黒番は李昌镐九段、白番は文敏钟二段。
白1に黒2、4と切るのは、想定したおきたい変化です。
この攻防の注意点は「黒8の封鎖は、白9の好手が用意されている」ことです。

 

「封鎖のミス」の特徴

  • 外側に傷が残ってしまう
  • 隅をうまく捨てられない

 

「知らないと損する知識」

 

一定の棋力があれば、誰でもAIで研究できる時代になりました。
それだけに、知識量で差をつけられることも少なくありません。
このブログで、知識だけで押し潰されない「知恵」を身につけてもらえれば幸いです。

 

【小目の2間バサミ攻防】10目以上の差が生まれる!1線の利かし手法

黒番は柯潔九段、白番は李維清八段。 「黒2と白3を交換する理由」を説明できますか? 今回は、なぜ形を決めるべきなのか、見ていきます。   利かしの特徴 ...

続きを見る

 

 

実戦図 「安定重視で、相手の意図を握りつぶす」

黒1と守るなら、白2以下と右辺を補強します。
黒は隅の生きを図る必要がありますが――、

黒7、9と隅を守る必要があります。
ただ、白10でAとBを見合いにできるので、白有利な戦いです。

実戦は、黒11から15と隅を補強します。
白16と右辺を切断して、白が戦いの主導権を奪えます。

黒19と抵抗するも、白22以下の追求が厳しく成功です。
白A~Cの狙いや利きがあるのが、白の自慢。

 

参考図1 「白の意図する進行」

黒2と右辺を止めるなら、白3以下で隅に圧力をかけます。
本図が、白1のコスミで狙う変化です。

黒8と抵抗するなら、白9が柔らかい封鎖。
黒Aと白Bが利くので、隅の黒を活かすのは可能です。
ただ、黒はツライ生きを強いられて、白良しになります。

 

参考図2 「反撃の対応方法」

黒2と反撃された時、白3が手筋です。
黒Aには、白B以下と隅を飲み込んで、白満足なワカレ。

黒4以下と隅を守る相場です。
白11まで、白は右辺と下辺に展開して、白足早な展開になります。
続いて、黒Aには白B以下で、白が戦えます。

 

参考図3 「オススメの封鎖方法」

以上より、白1には黒2と封鎖するのがオススメです。
白3と隅を取りにきますが――、

黒4以下と封鎖するのが好手順。
ポイントは「黒8と白9の交換を必ず決めること」です。
詳細は、下記の記事をご覧ください。

 

【小目の2間バサミ攻防】10目以上の差が生まれる!1線の利かし手法

黒番は柯潔九段、白番は李維清八段。 「黒2と白3を交換する理由」を説明できますか? 今回は、なぜ形を決めるべきなのか、見ていきます。   利かしの特徴 ...

続きを見る

 

まとめ 「一手の違いが大きな差を生む、封鎖方法」

黒2のマガリは「危険な封鎖方法」です。
白3で綺麗に封鎖できず、黒の薄さが目立つワカレになります。
オススメの封鎖方法も紹介したので、そちらを活用してみてください。

-最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所