三々定石 流行形研究

【三々定石後の手筋】ノゾキをかわす、切り返し手法

 

「ノゾキの対応方法を教えてください!」

 

三々定石で頻繁に表れるのが「黒3のノゾキ」です。
白Aとツグのは、相手の意図する進行で悔しいと感じるはず。
そこで、簡明で使いやすい整形方法を紹介します。

 

この記事を読むメリット

・ノゾキのかわし方がわかる

・多くの局面で使える手法が身につく

 

現代戦は、定石そのものより「定石後の攻防こそが重要」です。
特に、三々の戦型は主流で、いろいろな手段は用意したいところ。
今回の手法は、相手が戦いやすい場である時、有力に働きやすいです。

 

 

パターン1 「応用範囲の広い、サバキの常套手段」

白1、3と切り返すのが手筋。
相手の出方を見て、先の打ち方を変えるのが意図です。

黒4には、白5以下と黒2子を取ります。
▲のノゾキを活かすため、黒Aと切るところですが――、

黒10と切られても、白11と動く手段があります。
白は左下の取りかけと、脱出を見れるので、有利な戦いです。

黒14、16と封鎖されても、白17で攻め合いは白成功です。
続いて、黒Aは白Bでセキ以上の結果になります。

 

参考図1 「大同小異、白有利な攻め合い」

黒2と受けるなら、白3以下で白有利に収束します。
黒Aは白Bで対応できます。

 

参考図2 「強襲は軽くかわせる」

黒2の反発には、白3以下で包囲網を突破できます。
黒Aは白Bで両アタリになります。

 

参考図3 「ノゾキの無力化」

黒1と堅く受けるなら、白2以下と対応します。
▲が働きのない石となり、白成功です。

 

パターン2 「白の負担が軽い、二段コウへ導く」

黒4と受けるなら、白5と隅に働きかけます。
黒Aは白Bで整形されるので――、

黒6と受ける相場です。
白7まで、黒にとって負担が重い二段コウへ導けるので、白成功です。

 

参考図4 「万全な態勢を築く」

黒2と受けるなら、白3以下と整形します。
黒Aと手を戻す必要があり、白Bと万全な態勢で脱出できます。
※コウの抜き合いは省略。

 

参考図5 「万全な態勢を築く」

黒2には、白3以下と脱出します。
後に、白Aが利きになるのが大きく、白十分な戦果です。

 

まとめ 「ノゾキをかわす、切り返しの有力手法」

白2、4が「ノゾキを回避する有力手段」です。
ポイントは、▲など黒有利な配石で、この手法を使うことです。
2通りの変化を押さえるだけで、有力な対抗策を習得できます。

-三々定石, 流行形研究

© 2020 okaoの囲碁研究所