三々定石 最新戦術

【三々定石後の狙い】模様化対策に使える、打ち込み手法

黒番は檀嘯九段、白番は辜梓豪九段。
白1と広げた瞬間、黒2が有力な荒らし方です。
Aの傷を遠目から狙う、三々定石後の常套手段になります。

 

打ち込みの特徴

  • 強い反撃を合わない
  • スピード重視の石運び

 

現代では、三々に入られる頻度が高いです。
定石後の狙いを知れば、三々の布石構想が深く理解できるようになります。

 

 

実戦図 「スピードが加速する、打ち込み手法」

白1から5と傷を消して、白7と攻めに回ります。
ただし、右下が弱い石なので、白13と守る必要があります。
黒14まで、黒は下辺と左辺に回って、足場な展開を実現できます。

 

ポイント

壁攻めをにらんで、強い反撃を牽制できるのが魅力です

 

参考図1 「反撃で力関係が逆転」

白2と迫られたら、黒3の切りが厳しいです。
黒は、上下の白の攻めを見て、有利な戦いにできます。

 

参考図2 「安定できれば十分」

白2と守るなら、黒5と安定を図って黒十分。
黒A以下と迫る狙いがあるのが、自慢です。

 

参考図3 「知っておきたい、捨て石の手法」

黒1と切るのは、白2から4と抵抗する手段があります。
白14まで、右辺を捨て石に厚くして、黒の追求をかわします。

 

まとめ 「三々定石後に使える、荒らしの技法」

黒1は「壁攻めを狙う荒らしのテクニック」です。
複雑な戦いに引き込まれづらく、三々定石後に狙いたい手法。
模様化を未然に防ぐのが、楽になるはずです。

-三々定石, 最新戦術

© 2020 okaoの囲碁研究所