三々定石 流行形研究

【必須の手筋】知っておきたい、三々定石後のサバキ

黒4と左下の厚みに迫られた時、白はどう守るかが焦点。
白Aの傷も残っており、白が弱い立場に見えるかもしれません。
ただ、そんな状況でも使える「サバキの手筋」があります。

 

この記事を読むメリット

・定石後のサバキがわかる

・相手の意図を崩す技が身につく

 

三々定石は、定石後の打ち方が大切です。
配石やタイミングを工夫しても、手筋を知らないと戦い抜けません。
実戦でよく表れる必須のサバキは何か、早速見ていきましょう。

 

 

パターン① 「捨て石を活用した整形術」

白1、3と働きかけるのが出発点。
黒4の後、AやBの利きを決めずに、白5が簡明なサバキです。

黒6と切られても、白7から9で追求をかわせます。
黒10で白がバラバラに見えますが――、

白11、13を決めた後、白15と整形するのが一連の狙い。
黒AとBの抵抗が予想されるものの、いずれも白良しに収束します。

黒16には、白17以下と白3子を捨て石に外回りを厚くします。
左辺の進出を止めながら、黒の追求をかわして白十分な戦果です。

 

参考図1 「白有利な戦い」

封鎖を避けるため、黒2と抵抗するのも一策。
ただ、白3以下で左右の白を強化できるので、白有利な戦いになります。

 

参考図2 「先手で整形できる」

黒1、3が次善策です。
黒7まで、黒に地を稼がれる代わりに、白は先手を取れるので悪くない展開。

 

パターン② 「切りの急戦対策」

黒1には、白2と押さえ込みたいところ。
黒3以下と切断されても、白は互角以上に戦えます。

白6と脱出すれば、見た目以上に弾力ある形になります。
白12まで、AやBの利きがあり、黒から強く追求されないのが白の自慢。

 

参考図3 「攻めをかわす、軽快な石運び」

黒2と左辺に迫るなら、白3から5と補強します。
黒6、8の手入れは省けず、白9と連打して白成功です。
仮に、黒Aと切られても、白Bと下辺を固めてかわせます。

 

参考図4 「孤立する黒石」

黒2、4と受けるのは、白5以下と整形します。
自身を補強しながら、黒2子への攻めを見て白十分な戦いです。

 

参考図5 「強引な攻めは通じない」

蛇足ですが、黒4には白5以下と分断します。
黒2子を助け出しづらい形に導いて、黒の攻めをかわせます。

 

まとめ 「三々定石周辺で表れる必須の手筋」

白2、4は「自身の傷を積極的に守る手法」です。
隅への利きがあり、黒に強く反発されても白は整形できます。
シチョウの有無を問わずに使えるので、応用範囲の広い手法です。

-三々定石, 流行形研究

© 2021 okaoの囲碁研究所