棋戦情報

【第22回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦・第9戦】互角の戦況

韓国の申眞諝九段が勝利し、各国2名が残る大熱戦に

11月24日にネット対局で「第22回農心辛ラーメン杯世界最強戦」の第9戦が行われました。
韓国の申眞諝九段が中国の唐韋星九段を破り、各国2名が残る互角の戦況になりました。
2月22日の第10戦では、日本の井山裕太九段が出場します。(こちらを参照)
以下に戦績をまとめたので、参照ください。

 

対局日 開催地 勝者 敗者
第1戦 10月13日(2020年) ネット対局 洪基杓九段 范廷鈺九段
第2戦 10月14日 許家元八段 洪基杓九段
第3戦 10月15日 辜梓豪九段 許家元八段
第4戦 10月16日 辜梓豪九段 姜東潤九段
第5戦 11月20日 辜梓豪九段 村川大介九段
第6戦 11月21日 申旻埈九段 辜梓豪九段
第7戦 11月22日 芝野虎丸九段 申旻埈九段
第8戦 11月23日 唐韋星九段 芝野虎丸九段
第9戦 11月24日 申眞諝九段 唐韋星九段
第10戦 2月22日(2021年)
第11戦 2月23日
第12戦 2月24日
第13戦 2月25日
第14戦 2月26日

【残りの選手】
日本:井山裕太九段、一力遼八段
中国:柯潔九段、楊鼎新九段
韓国:朴廷桓九段、申眞諝九段

 

1戦毎に注目度が増す国別勝ち抜き団体戦

最終ラウンドの第10戦に、日本の井山九段が出場します。
毎年、最後の砦を担っていただけに、例年と違う采配がどう影響するか注目です。
各国のトップ2が残る最終局面、国の威信をかけた決戦は来年2月に開幕します!

 

 

ハイライト1「5線を使いこなす申眞諝九段」

黒番は唐韋星九段、白番は申眞諝九段。
白1と5線から様子見したのが、面白い発想です。
黒2以下と反発されるも、左右の黒が薄くできたので白十分な戦果。

 

参考図1 「反発する理由」

黒1と素直に受けるのは、白2以下と封鎖されます。
この手が狙われており、黒も反発せざるを得ない状況です。

 

ハイライト2「決定打炸裂!唯一の勝ち筋見抜く」

白1のツケが、均衡を破る決め手になりました。
黒Aは白B以下と白3子を助け、右上の黒へ追求できるのが白の自慢。

黒2と抵抗するも、白3と分断されて右下の手入れが必須になります。
黒4以下の守りは必要で、白9と右辺の黒を飲み込んで勝利が確定しました。

 

参考図2 「死活の確認」

黒1、3と白3子を取るのは、白4以下で眼がなくなります。
実戦進行に変化する余地はなく、黒の敗北は避けられません。

-棋戦情報

© 2021 okaoの囲碁研究所