棋戦情報

【第22回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦・第6戦】韓国、反撃開始

韓国の申旻埈九段は2017年に開幕6連勝を記録しており、今期も大暴れの予感

11月21日にネット対局で「第22回農心辛ラーメン杯世界最強戦」の第6戦が行われた。
韓国の申旻埈九段が中国の辜梓豪九段を破り、中国の3連勝を止めました。
明日の第7戦では、日本の芝野虎丸九段が出場します。(こちらを参照)
以下に戦績をまとめたので、参照ください。

 

対局日 開催地 勝者 敗者
第1戦 10月13日 ネット対局 洪基杓九段 范廷鈺九段
第2戦 10月14日 許家元八段 洪基杓九段
第3戦 10月15日 辜梓豪九段 許家元八段
第4戦 10月16日 辜梓豪九段 姜東潤九段
第5戦 11月20日 辜梓豪九段 村川大介九段
第6戦 11月21日 申旻埈九段 辜梓豪九段
第7戦 11月22日
第8戦 11月23日
第9戦 11月24日

【残りの選手】
日本:井山裕太九段、芝野虎丸九段、一力遼八段
中国:柯潔九段、楊鼎新九段、唐韋星九段
韓国:朴廷桓九段、申眞諝九段、申旻埈九段

 

対局開始前に、各国で金属探知機での検査が行われる

韓国の申旻埈九段は、次局に向けて以下のコメントを語った。
「芝野九段は読みが強く、戦闘を好む棋風。戦闘を避けつつ長期戦で勝機を掴みたい」
国内戦で2冠の芝野九段、日本のタイトルホルダーの意地を見せてほしいところ。

 

 

ハイライト1「盤上に表れない、水面下の戦い」

黒番は辜梓豪九段、白番は申旻埈九段。
白2、4は、現代を代表する受け方です。
対抗策の1つは、下辺を受けずに黒5と相手の出方を見る手法です。

白6は左下の黒を攻めるより、下辺を割るのが主目的です。
黒7に、白8以下で左下と下辺を補強しながら地を稼いで、白悪くない展開。

 

参考図1 「1手遅れが天地の差」

黒1と守るのは、白2の好点に先着されて黒イマイチです。
黒3に白4が柔軟な好手で、黒の強い追求が続きません。

黒5には、白6以下と中央を厚くします。
黒9と包囲網を突破されても、白10と左下を固めて白十分なワカレです。

 

ハイライト2「カウンター炸裂」

黒1に受けず、白4のツケが好判断でした。
後に、黒Aと分断されても、白Bと助け出せるので大したことないところ。

黒5と遮られた時に、白10と動くのが一連の狙いです。
当然、黒Aと受けるところですが――、

黒11に、白12以下と右下を荒らしながら、AとBを見合いにして白有利な戦い。
「下辺は捨てても構わない」発想が生んだ、明るい石運びでした。

 

参考図2 「工夫不足の末路」

白1と守るのは、黒2以下で中央の白模様が消えてしまいます。
白Aから逃げ出せますが、黒Bと調子で中央へ進出されて白不満な進行です。

-棋戦情報

© 2020 okaoの囲碁研究所